2008年10月11日

多摩川CR、拝島橋、国道16号バイパス@2008/10/11

午前中は雨が降っており自転車に乗れないかと思っていたが、午後になって晴れてきたため、午後3時すぎに出発する。宮ヶ瀬までいってこれるかと思ったが、走り始めたらすぐに路面の濡れがやや残っていることに気づき、時間も限られることから宮ヶ瀬はやめて近所を適当にうろつくこととする。

唐木田から多摩ニュータウン通りに出て多摩川方面へ走行する。なぜか40km/h程度のスピードを出せる状況だった。(後で調べたらやや下り基調なのがわかった。)。その後、あっさりと多摩川を越える関戸橋まで出てしまい、そのまま渡る。行き先は特に決めてなかったため、左折して多摩川サイクリングロードに入った。

その後、府中四谷橋のところから野猿街道に入ろうかと思ったが、もっとサイクリングロードを走行したいと考えてそのまま走り続けることに。久しぶりでたまに道がわからなくなるところがあった。いったん行き止まりになるところの迂回路は記憶していた通りであり、すんなり抜ける。その後、石畳的なところで小さな橋を渡ってクランクのようになっている道を抜けて公園に入る。この中の抜け方を忘れていて適当に前の自転車についていって走っていたが、いつのまにか行き止まりになってしまった。以前は急な坂の道があったはずなのがなくなっていて階段になっていたため、そこを担いで抜けた。

その後もひたすら自転車道を走行する。森の中を抜けるような道のところに到達し、虫が多い中を抜ける。森を出たところで広い道が見えたため、サイクリングロードを抜けてその道に入って左折する。拝島橋と書いてあるのに気づく。そのまま走っていてやたらトラックが多いなあ、と思っていたら、国道16号という標識が出てきて車の多さに納得する。そのまま走行し、立体交差で自転車走行禁止の標識に追い出されて何度も側道を通る。途中でバイパスと分かれる標識があったため、バイパスに出て北野方面へ向かう。

その後も立体交差との戦いを続ける。途中でサイクリングロードがある川を越えたが、恐らく浅川と思われた。今度このサイクリングロードも走行してみようと思う。その後ようやく北野に到着。野猿峠を越え、その後下ったところで右折して鑓水の方へ。ずっと道なりに走ってみたが、途中で多摩境のスーパーへ向かう標識があったため、それにしたがって左折する。その後、多摩美術大学のそばを通って道なりに走行し、途中で右折して南大沢近辺を通過して帰宅した。

久しぶりに多摩川サイクリングロードの上流部分を走行したが、下流ほどはひどくないのだろうかそんなに自転車が多いとは感じなかった。公園の中の道がなくなっていたのは意外だったが。国道16号を走行するのはかなりのストレスではあるが、自転車通行禁止の標識に従って走行していき、今日みたいに車道が渋滞していて高速で車がくるような状況でなければ走れない道ではないと感じた。

帰りは17時すぎだったが、かなり暗くなってきており、そろそろ夕方に走るのは避けたほうがよい季節になったと感じた。

Exe. Time: 1:42:21
Ave HR: 156
Max HR: 192
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:12:35
Above Zone: 00:08:59
Below Zone: 00:20:47
Kcal: 1017
Distance: 41.9
Ave Speed: 24.6
Max Speed: 48.4
Ave Cad.: 94
Max Cad.: 130
RideTime: 01:42:09
Odometer: 7038.0

本日の走行距離: 41.9km
これまでの累計走行距離: 7038.0km

ALPSLAB route (唐木田〜多摩NT通り〜多摩川CR〜拝島橋〜国道16号バイパス〜鑓水〜唐木田)

続きを読む
posted by mako at 19:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

宮ヶ瀬湖(北岸経由)、高田橋、上溝、相模原@2008/10/05

以前から通行してみようと思いつつ先延ばしにしていた宮ヶ瀬湖の北側を通行してみることに。

いつもの道を通って串川橋交差点まで出る。いつもは右折するが今日は左折し、国道412号を上る。しばらく走行すると信号が2つ連続である交差点があり、そこを右折して宮ヶ瀬湖の北側を通行する道路へ入る。すぐにきつい登りとなり、AT値プラスアルファ程度の心拍数で上っていく。しばらくして三つ角に出て、直進で鳥屋、左折で宮ヶ瀬ダムと出たが、左は湖畔の公園だろうと考えて直進する。

さらに登り、しばらくするとトンネルに入る。600mほどの長さで、やや暗いトンネルとなる。トンネル内は登りでないのが救いだった。ほとんど車は来ない感じだったが、テールランプがないと死ねると思った。その後、トンネルを出ると宮ヶ瀬湖のきれいな風景が見えたが、またすぐに別のトンネルに入った。そのトンネルを抜けてからは細かな上り下りはあるものの、快適に走行できる道であり、宮ヶ瀬湖の景色を堪能しながら走行できた。その後、短めのトンネルを2つほど抜け、やや登り基調となったところでかなりの台数の車が止めてあるのに気づき、鳥屋の公園に到着した。

その後はいつもの道に入って虹の大橋を渡り、ぐるっと回ってやまびこ大橋を渡り、交差点で左折してトンネルを何回かくぐって下っていった。この区間でアウターに入れて40km/h近いスピードで走行していたところ、運良く後ろから車に抜かれることはなかった。ただ、あまり安全な道という感じではない。その後も一気に下り、国道412号に右折して入る。しばらく走行すると、さらに下りになる。半原越えのときに通過した交差点で信号待ちに引っかかる。その後、川沿いに走っている道でさらに下る。その後、道なりに右折している道路の手前の側道で立体交差のようになっているのに気づき、そこに入ってぶつかった道で左折し、その後の三つ角で右折して県道54号線に入る。

その後は以前半原越えのときに通った道を逆走する形で進む。途中で三つ角になっていると事前に調べていた道は、道路のペイントでは道なりで県道54号線となっており、もう一つの道は幅も小さくなっていたので間違いようがない感じだった。そこでやや登りが入ったりしたが、県道65号線との交差点をすぎると、今度は下り基調となり、高田橋まで一気にくだった。相模川を渡り、今度は登りとなった。ファミマのある交差点で直進し、前回通った県道63号線方面にはいかずに上溝方面へ進んだ。このあたりから郊外のお店が目立つ道路となった。

国道129号を渡り、その先の上溝交差点で右折、その後すぐに上溝本町交差点で左折。県道57号線となっている区間に入る。上溝駅をすぎ、やや登り基調の交差点である上溝中坂下という交差点で県道を道なりではなく直進する。しばらくして側道も含めると広い道に出る。市役所の前を通り、国道16号を渡ってしばらくして西門という交差点で左折する。その後すぐにバイシクルウェアショップ ザマを無事に見つけ、止まって中に入る。サイクル関連のウェアなどに特化した取り扱いの店というめずらしい店であり、品揃えと価格に感動した。ただ、ネット上で比較検討してから実際に買おうと考えて、見るだけにしてその後は帰宅しようとした。

相模原駅の前を通り、県道503号線に入って線路を渡り、道なりに進んで町田街道の小山交差点を通過する。その後やや登り基調となっているところを過ぎると、道が広くなって尾根幹線道路の入口に到着した。

宮ヶ瀬湖の北岸を通過したことで、宮ヶ瀬湖の周回コースを取ることが可能になった。ただ、この道が絶対良いという感じでもなく、これまで通ってきていた道のほうがよい面もあると思うので、ケースバイケースで使い分けていこうと思う。

昨日に続いて長袖インナーを着用したが、やはり暑かった。気温の調節が難しい季節だ。

Exe. Time: 2:14:00
Ave HR: 156
Max HR: 222
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:18:04
Above Zone: 00:19:59
Below Zone: 00:35:57
Kcal: 1335
Distance: 54.6
Ave Speed: 24.4
Max Speed: 57.5
Ave Cad.: 91
Max Cad.: 117
RideTime: 02:13:47
Odometer: 6996.1

本日の走行距離: 54.6km
これまでの累計走行距離: 6996.1km

ALPSLAB route (橋本〜宮ヶ瀬湖(北岸経由)〜田代〜上溝〜相模原)

続きを読む
posted by mako at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

町田街道、三ツ境、海老名、厚木、土山峠、宮ヶ瀬湖@2008/10/04

最近は山方面ばかりいっていたが、神奈川の南部の道も覚えて行動範囲を広げたいと考え、南下してみることに。

まずは町田街道(都道47、141号線)に出てひたすら南下し、町田市街を通過する。さすがに街中ということで信号に引っかかりまくる。その後国道246号にぶつかり、右折する。この区間は平行して裏道があるため、そこを走行することに。国道16号を渡り、その後しばらくして246に合流するが、路肩の幅がほとんどない片道2車線道路でビビってしまう。しかし、すぐに目的の瀬谷入口交差点が見えたため、そこで左折する。その後は県道401号線となり、狭い道をひたすら走行する。二ツ上橋交差点をすぎ、次の二ツ橋交差点で左折して三ツ境駅へ。この付近にサガミサイクルセンターという有名な自転車ショップがあるとのことでいってみた。建物はすぐに見つけたが、自転車を止めるスペースが見当たらず、駅近くで店の付近に高校生らしく軍団がたむろしていたこともあり、路駐する気にもならずにあきらめて走り始める。

その後、西に向かうことにして厚木街道(県道40号線)をひたすら西に向かう。境橋という交差点の信号待ちでロード自転車乗りを3台ほど見かけたが、そこは境川が通っているところだった。このサイクリングロードにも興味があるので、一度いってみようと思う。その後も道なりに走行し、米軍基地などで大きく迂回する形になっていたが、標識にそって走行できたため、県道をはずれることはなかった。途中で事前に認識していなかった分岐に2度ほどぶつかったが、ともに直感で進んで問題なかった。(後で調べたところ、すぐに元の道に合流できる分岐だった。一つ目は基地の西側の場所で右を選択。二つ目は海老名駅の手前でほぼ直進的な左を選択し、バイパス的になっていた。) 海老名駅付近ではやや渋滞気味になっていた。

その後、道なりに左折し、あゆみ橋入口という交差点で右折。相模川を渡って2つ目の信号で右折する。その先で直進と左斜の分岐があったが、直感を信じて左斜の道へ進む。しばらくして渋滞し始めたが、国道246号の交差点であるという標識を見つけた。さらに、直進すると国道412号になるとのことで、当初予定していた道に出ていたことに気づく。その交差点を直進し、しばらく走行した後に左に曲がって県道60号線に入る。すぐに三つ角で直進がなくなったのは意外だったが、なんとなく右折し、そのまま直進した。

その後は、7/20に国道129号から県道63号線に入って県道60号線に入ったときに通った交差点に到着し、その後は前回走行した県道60号線をたどる。飯山観音入口近くのセブンイレブンで止まっておにぎりを補給して休憩とする。その後は宮ヶ瀬湖方面に進み、土山峠を上る。今日は土山峠をいい感じで上ったが、ちょうどこの区間だけ心拍計の表示がおかしくなってしまい、50前後の表示が続いて役に立たなかった。峠を上りきったらなぜか復活したのはよく分からない。

その後はいつも宮ヶ瀬湖にくるときの道を通って帰宅した。

途中までは新しい道を通ることにより、新たな発見もあった。やはり信号待ちはうざいが、たまには新しい道を走るのもいいと思った。

Exe. Time: 3:31:46
Ave HR: 152
Max HR: 228
Limits: 177 / 146
In Zone: 02:07:45
Above Zone: 00:21:24
Below Zone: 01:02:37
Kcal: 2037
Distance: 85.3
Ave Speed: 24.2
Max Speed: 53.2
Ave Cad.: 93
Max Cad.: 126
RideTime: 03:31:18
Odometer: 6941.5

本日の走行距離: 85.3km
これまでの累計走行距離: 6941.5km

ALPSLAB route (多摩境〜町田街道〜三ツ境〜海老名、厚木〜土山峠)

続きを読む
posted by mako at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

大垂水峠、牧馬峠@2008/09/28

北野街道から町田街道に入り、高尾で国道20号に入ってそのまま大垂水峠を越える。この峠も何回か来ていてだいぶ慣れてきた感じ。最後の数百メートルまではそんなにきつくなく、そこまではほぼ有酸素運動の範囲の心拍数でいくようにした。その後は相模湖側に下る。

相模湖駅のところで国道412号に入り、プレジャーフォレスト(いつのまにかピクニックランドから名前が変わっていた)で右折して牧馬峠へ。序盤は林の中を走る感じで癒される感じだが、前回走行時ほどの目新しさはなし。その後いったん平坦部分となったが、その後はさすがに12%の表示のある後半部分でかなりきつかった。なるべくシッティングで対応しようとし、たまに乳酸をためないという目的で雑誌のバックナンバーを見て覚えた「踏まないダンシング」というのを試してみた。心拍は200まではいかずに上りきった。今回は頂上の場所は分かっていたので、そこで止まって小休憩とし、その後は道志みちの方向へ下る。その後は国道413号経由で橋本まで戻った。

有酸素運動を意識してAT値付近の心拍数を維持することと、無酸素になってもいいから筋肉を鍛えることとのバランスのとり方が難しいと感じている。どちらのトレーニングも重要だしなぁ。ただ、途中で足がつるのは嫌だったので、あまり無酸素域でがんばらないようにはした。

気温が先週比でかなり下がっており、さすがに下り区間ではかなり寒かった。インナーとして長袖のシャツを着るようにしようと思う。ウインドブレーカーとかタイツとかの物色をしないとなぁ。

Exe. Time: 3:22:50
Ave HR: 153
Max HR: 197
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:39:29
Above Zone: 00:27:19
Below Zone: 01:16:02
Kcal: 1952
Distance: 78.0
Ave Speed: 23.1
Max Speed: 62.4
Ave Cad.: 87
Max Cad.: 150
RideTime: 03:22:13
Odometer: 6856.1

本日の走行距離: 78.0km
これまでの累計走行距離: 6856.1km
posted by mako at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

八王子みなみ野、宮ヶ瀬湖、土山峠2@2008/09/27

気温もだいぶ下がってきたが、雨は降らなさそうだったので出かけることに。

走り始めてから、心拍計がちゃんと動作しないことき気づく。いきなり200を越える数値を表示したりとむちゃくちゃだったため、800mほど走ったところでいったんメーターをリセットする。しかし、それでも解消せず。気温が下がって汗をかいてないのが原因と考え、電極部をぬらして見たところ、ようやくまともに反応するようになった。

今日は気分転換ということもあり、野猿峠手前からいったん北野街道に出て、長沼で左斜し、八王子みなみ野駅の近くまでいき、その後都道・県道506号線に出る。相原十字路のところで町田街道と交差し、その後も南下していき、いつも宮ヶ瀬へいく道に合流し、その後はいつもの道を通った。

今日は心拍がなかなか上がらず、180手前でもかなり息が上がる感じであり、気温が下がったのが影響しているのかと思った。ただ、かなり距離を走ってからはそうでもなかったので、単にウォーミングアップが不足していただけなんだろう。

土山峠までいき、時間はあったのでそのまま下る。さすがに下りでは体が冷える感じだった。半原越え入り口のちょっと手前で工事のため片側交互通行になっていたため、その手前でUターンして土山峠の上りに。峠を上るトレーニングと考えて負荷を上げてみたが、斜度がきつくなったところで足がつりそうになり、その時点で負荷を上げるのはやめることに。心拍は190手前までしか上がらなかった。

その後は宮ヶ瀬湖の景色を堪能しながら来た道を戻った。新小倉橋を越えてしばらく走ったところの行きに合流した交差点で信号停止したが、行きの相原十字路からここまで足をつかずにきていたのは自分でもびっくりした。まあ、前の信号が赤のときに事前に減速して止まらなくてよいように調整しているせいもあるんだけど。このコースは新小倉橋から先は信号停止が少ないのがいい。

そろそろ寒くなってきてるし、着るものを考えないといけなさそう。今日のところは、走っているときは半袖シャツで全く問題なかったけど。

Exe. Time: 2:49:50
Ave HR: 155
Max HR: 200
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:45:30
Above Zone: 00:15:04
Below Zone: 00:49:16
Kcal: 1681
Distance: 68.9
Ave Speed: 24.3
Max Speed: 56.4
Ave Cad.: 92
Max Cad.: 123
RideTime: 02:49:35
Odometer: 6778.1

心拍の最大値は走行開始時に誤動作したもの。
以下の距離は前回の累積からの差分で求めた。

本日の走行距離: 69.8km
これまでの累計走行距離: 6778.1km
posted by mako at 23:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

宮ヶ瀬湖、土山峠2、相模野カントリー倶楽部@2008/09/23

祝日に晴れの天気となったため、朝10時頃から出かけることに。

いつもの練習コースで宮ヶ瀬湖へ。今日は心拍がなかなか上がらず調子がやや悪いのかと感じる。串川橋の交差点の手前で渋滞に巻き込まれてしまい、ちょっと足止めをくらう。

その後はほぼ順調に走行し、宮ヶ瀬湖に到着する。さらに走行して土山峠へ。今日は時間に余裕があるので下って、半原越入り口のところで折り返して登る。途中でバスが来て、その後に車がずっと連なっているという状況に巻き込まれてしまう。端のほうを走行したが、溝が不安定になっている部分があり、ヒヤヒヤさせられる。今日は心拍があまり高く上がらずに走行でき、タイムも前回と比較して速い8分30秒程度だった。

その後は来た道をたどって帰る。今日は新しい道を開拓しようと考え、激坂として知られているらしい相模野カントリー倶楽部へいく。事前には経路だけを調べ、途中の高低差はほとんど調べずにいった。県道510号で信号が中途半端にある交差点で曲がる。すぐに下りとなるため、しばらく下ると思っていたら、すぐに11%の登りの標識が現れ、それがしばらく続いた。その後もアップダウンが続いた。三増峠のトンネルが意外と長く、下り基調とはいえ暗かったことからかなりあせった。トンネルを出てしばらく下ると、相模野カントリー倶楽部入り口の標識を見つけ、そこで左折する。しばらくして登りが始まったが、すぐに終わった。

事前の調査では相模川からの登りが20%できついと調べており、まずは下ってコースの下見とする。早速20%の下りが出現する。確かにとんでもない坂であり、下るのだけでも大変という感じ。滑り止めの舗装でデコボコがあるのがちょっとうざいと感じた。なんどか平坦に近い区間があったものの、その後も何回か20%程度の下りが出てきた。下りきって相模川沿いの県道511号のところに出た。ここまでですれ違った車は数台であり、ほとんど交通量のない道だった。ここでUターンして登ってみることに。しばらくゆっくりと登り、20%の登りの標識のところでギアがあと一枚余っていたので軽くするとともにダンシングを始めた。しかし、ここでチェーンがインナーのさらに内側に落ちてしまい走行不能に。あやうく立ちゴケになりそうだったが、なんとか足をはずしてそれは回避した。

その後は下りの対向車線に移って、チェーンを手で戻した。手が油で汚れたが、こういう日に限って手を拭くためのものを持っておらず、途方に暮れる。その後、斜度が低いところでクリートにはめて体制を建て直し、Uターンして再度20%の登りに挑戦する。ゆっくりとダンシングで登るとそれなりに登れる感じであり、10年ほど前に別のところで見た20%の坂ほど急な坂には見えなかった。最初の20%区間を登ったところで平坦に近い区間が現れたが、さきほど手を汚していたこともあり、ここでやる気をなくしたため、Uターンしてやめることにした。

その後は県道511号を相模川沿いに北上した。小倉橋と新小倉橋が見えてきて、橋のスケールの違いのコントラストに驚く。小倉橋を渡るのは始めてだったが、車1.3車線程度の幅しかなく、交互に通過しているというあきれる状況だった。新小倉橋ができるまではこの橋が本格的に使われていたのかと思うと驚かされる。小倉橋を渡った後も坂が続き、山道に近い雰囲気のところを上った。その後はいつもの道に合流した。ちょっと面白い道だったが、さすがに何度も通りたいという感じではなく、今度相模野カントリー倶楽部の20%を上りにいくときに通るくらいだと思う。

Exe. Time: 3:00:03
Ave HR: 159
Max HR: 193
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:46:09
Above Zone: 00:28:17
Below Zone: 00:45:37
Kcal: 1840
Distance: 72.4
Ave Speed: 24.1
Max Speed: 56.5
Ave Cad.: 90
Max Cad.: 139
RideTime: 02:59:51
Odometer: 6708.3

きついのぼりがかなりあった割には、Ave.が高めだった。宮ヶ瀬の下りでこぐようにしてからは調子が出るようになったと思う。有酸素運動の範囲でかなり走行できたという感じもあった。

本日の走行距離: 72.4km
これまでの累計走行距離: 6708.3km

ALPSLAB route (津久井町(県道510号)〜県道65号〜相模野カントリー倶楽部〜県道511号〜小倉橋(県道510号))
posted by mako at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

宮ヶ瀬湖、土山峠@2008/09/20

いつもの練習コースへ。台風通過の影響で今日は乗れないかと思っていたが、台風は朝のうちに過ぎてしまい、乗れる日になった。眠気がかなりあって昼寝したらかなり寝てしまい、3時すぎの出発となった。

最近の走行から心拍数180前後を維持するのがよいのに気づいたのと、日があるうちに帰ってきたかったので、序盤からペースを上げて走行する。昼飯を食ってからすぐの走行だったので、しばらくは調子が悪いと感じていたが、走行しているうちに慣れてきた。橋本五差路の手前で小学校の運動会の帰りみたいな集団がいたため、初めてアンダーパスを通らずに交差点に突っ込む。スムーズに通行できたが、やはり大きな交差点であり、恐怖感はある。国道129号方面にいく車が多そうなので、先頭通過でないときは危険と感じた。

その後もいいペースで進む。時間が遅いので宮ヶ瀬をあきらめて城山湖にしようかと思ったが、時間的になんとかなると考えて宮ヶ瀬を目指すことに。新小倉橋のかなり手前から信号に引っかからずに進み、そのまま急坂区間で心拍が190近くまで上がることを除けばほぼ180前後で進み、宮ヶ瀬湖まで到着した。その後土山峠まで到着し、この時点で16:20。下って登ると帰る頃には日が暮れそうなので、Uターンして戻る。

宮ヶ瀬からの下りはこれまでは漕がずに流すことが多かったが、アウターに入れて漕いで心拍数が170程度を維持するようにしていた。国道412に出てファミマ通過後の交差点でようやく信号にひっかかり、久しぶりに足を着く。

その後もいいペースで走行し、自宅付近には17:20頃と1時間ほどで日のあるうちに帰宅した。Ave.もかなり速くなっており、先週走りこんだ成果が出ていると思われた。これくらいの時間で走りきれるなら、もっと気軽にいくことができると思った。

Exe. Time: 2:08:51
Ave HR: 168
Max HR: 192
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:13:53
Above Zone: 00:41:50
Below Zone: 00:13:08
Kcal: 1454
Distance: 56.3
Ave Speed: 26.2
Max Speed: 53.1
Ave Cad.: 94
Max Cad.: 119
RideTime: 02:08:43
Odometer: 6635.9

本日の走行距離: 56.3km
これまでの累計走行距離: 6635.9km
posted by mako at 21:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

大垂水峠、日連大橋、奥相模湖、青根(国道413号)@2008/09/15

昨日雨で取りやめたルートにいった。

二日続けての大垂水峠となる。ここまでに町田街道を経由しているが、すでに何度も通っている道でだいぶ慣れた感じでいいスピードで走行できた。大垂水峠は後半でややきつく感じてしまい、ちょっと疲れているのかと思った。頂上付近で片側交互通行で一時停止させられる。斜度の小さいところだったのでなんとかスタートを切れた。すぐに頂上となる。空は暗かったが、雨は降っておらずなんとか持つことを期待して相模湖側へ下る。こちら側へ下るのは始めてだったが、いい感じのカーブと斜度で下りの気持ちよさを感じながら下った。数台前に遅い大型車がいたせいで後ろの車に煽られることがなかったのもよかった。

相模湖駅の交差点についてからは先週の和田峠の帰りに通った道を反対方向に進む形になる。車は多いもののスムーズに走行する。高速のインター出入口をすぎ、吉野の交差点で右にりっぱな橋が見えた。こちらからいってもよいことはわかっていたので一瞬引き込まれたが、予定通りに藤野駅手前の日連大橋を経由することに。日連入口の交差点手前でやや登る形になり、交差点を左折した瞬間に急な下りになるというやや無駄な作りだった。

その後、県道76号線をひたすら南下する。たまに急坂区間があったりする登り基調の道だったが、長い登りというわけではなく、道幅はところどころ1.5車線となったものの、山道を気持ちよく走行できた。分岐で心配していた賽の神のY字路は、標識がちゃんとあってすぐにわかった。

その後は登りの頻度が増えてきて、たまにつづらおりとなるカーブもあったりした。トンネルの前のところがこの区間の最高地点であり、その後は下りとなって、道志ダム(奥相模湖)のところに出る。止まって写真を撮ることを考えたが、ここまで止まらずにいいペースで来ていたこともあってまだ走り続けたいという思いがあり、そのまま走行を続けた。すぐに登り区間となり、下にいやしの湯というのが見えてかなり多くの車が止まっているのに気づいたが、かなり下のほうであり、降りる気にもならずに登り続ける。

ようやく国道413号に合流する。信号もない交差点だったが、以前山中湖までいったときに通った道であり、だいたい想像していた場所に出た。しばらくは登り区間となり、国道413号の神奈川県内最高地点まで登る。その後は下りとなるが、ここの下りはスピードが出る区間であり、特にトンネルをくぐった後の10%の下りでかなりのスピードとなる。その後も下り基調でずっと進み、デイリーヤマザキのところで右折して鳥屋経由で帰路についた。途中の国道412号に出たところのファミマで1回目の休憩とし、おにぎりを食べる。

雨は降っていないものの空模様はあやしく、帰路を急ぐ。県道510号に入ったが、途中から渋滞している感じとなり、新小倉橋の入り口のところまでは渋滞していた。その後はいつもの道で帰った。

今日通った国道20号から国道413号までの道は、休む場所はないものの、それなりに面白い道だった。たまに車が来たりしたが、交通量は少なく走りやすかった。距離もいい感じなので、ちょっと走る気があるときには良いコースかもしれない。下りが多くなるため、ちょっと冷えてしまうのが難点かな。

大垂水峠の後半では心拍を上げたが、その他はほぼ始めて走行する道だったため、有酸素運動の範囲におさまることを意識し、180前後の心拍数を維持するようにした。このあたりで走行しているのがいちばんいいと感じる。たぶんAT値がこのくらいなんだろう。

Exe. Time: 3:10:16
Ave HR: 164
Max HR: 200
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:47:03
Above Zone: 00:51:55
Below Zone: 00:31:18
Kcal: 2064
Distance: 75.0
Ave Speed: 23.6
Max Speed: 61.8
Ave Cad.: 87
Max Cad.: 119
RideTime: 03:10:07
Odometer: 6579.5

本日の走行距離: 75.0km
これまでの累計走行距離: 6579.5km

ALPSLAB route (橋本〜大垂水峠〜相模湖駅〜日連大橋〜奥相模湖〜青根(国道413号)〜鳥屋〜橋本)

続きを読む
posted by mako at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

大垂水峠@2008/09/14

大垂水峠から相模原湖側に下り、日連大橋経由で国道413号に出るというルートを考え、昼頃に出発する。最近流行りの高尾山付近で渋滞に巻き込まれるが、ここを抜けると急に車が少なくなる。

大垂水峠にくるのは久しぶりだったが、ここのところ急坂を経験していたこともあり、スムーズに登っていく。さすがに前回走ったときとは比較して最近はかなり走りこんでいる部類だったからだろう。いいペースで登れていたが、途中でポツポツと雨が降り出してきて、しばらくするとやや強くなってきてしまう。そんなに強い雨でもなかったが、ゲリラ豪雨化を警戒しつつも峠までもうすぐと思えたため、そのまま登って峠へ到着。

ここで止まってケータイを取り出してアメッシュをチェックすると、奥多摩のほうに真っ赤な場所があり、局地的な雨が発生する可能性があることに気づく。かなり迷ったが、前回奥多摩にいったときに勝負してやられていたこともあり、引き返すことにした。

下りは気をつけて慎重にいったが、前回都民の森で降られた後で下ったときと比較すると路面がぬれているとは言えない状況だったため、慎重に下りすぎた感じだった。高尾山口のあたりではすでに雨はなく、その後もほとんど雨が降る場面はなかった。こうなるのであれば素直に練習コースの宮ヶ瀬湖に行ってればよかったということになるが、昨日の県道510号の渋滞に嫌気が差していたこともあるし、しょうがないか。

帰りの町田街道はいいペースで走行できた。妙なロードもどきの自転車に信号で追いついてしまうが、抜くほど遅くないものの、ついていけないほど速くないという中途半端なスピードで走っており、結局ずっと着いていって相原の踏み切りの手前で歩道から抜いていった。いいペースメーカーになってくれた。

前回は別のルート経由で帰ってきたが、本日分とそんなに距離が変わらなかったのは意外だった。まあ、少しの距離を気にしてもしょうがないし、やや遠回りでも走行しやすいところを走るようにしたほうがいいんだろうけど。

今日も走行中に心拍計が不安定になる場面があった。他のロード乗りとすれちがった後に発生することが多いので、やはり混信防止機能が悪さをしているのだろう。今日は変に対処をせずにそのまま走行していたら、すぐに正常な値に戻って機能してくれた。しかし、これだと同じメーカーの製品を持った人と集団走行できないよなぁ。

Exe. Time: 1:46:23
Ave HR: 161
Max HR: 199
Limits: 177 / 146
In Zone: 00:59:55
Above Zone: 00:25:09
Below Zone: 00:21:19
Kcal: 1116
Distance: 42.7
Ave Speed: 24.1
Max Speed: 48.5
Ave Cad.: 91
Max Cad.: 118
RideTime: 01:46:14
Odometer: 6504.4

本日の走行距離: 42.7km
これまでの累計走行距離: 6504.4km
posted by mako at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

宮ヶ瀬湖、土山峠2@2008/09/13

練習コース化していたはずなのにしばらく行ってなかった宮ヶ瀬湖、土山峠へ。

早朝ではなく10時すぎに出発。アプローチの道の途中の新小倉橋でそれなりの渋滞がすでに発生。さらに県道510号でもかなり早い段階で渋滞が発生してしまう状況に。串川橋交差点のかなり手前で左側すり抜けもできないほど渋滞していたため、一部右側すりぬけをかました。3連休の初日ということもあるのだろうが、この時間帯はだめだと思った。

その後国道412号の途中で心拍計がうまく動作しなくなってしまう。以前道志みちで発生したのと同じ状況と思ったため、しばらくセンサーをはずしてから再装着というのを何度も繰り替えしたが、うまく反応せず。メータのリセットはしたくなかったため、今日のところは心拍はあきらめることに。

宮ヶ瀬湖に到着し、景色を堪能しながら土山峠に。普段は峠のところで折り返していたが、和田峠にいったときの教訓から峠を登る練習もしておいたほうがよいと考え、土山峠を半原越えの入り口の道のところまで下り、そこで折り返すことにした。

折り返してから登りはじめる。心拍数が表示されないというアクシデントのためにペースがつかみにくい状況だったが、オーバーペースをあまり気にせずに走行する。途中からは息が切れながらの走行となってそれなりに心拍が上がっている状況と思えた。ただ、和田峠ほど勾配はきつくないので、シッティングのままとなる。距離も2kmちょっとと短く、平均勾配も7%弱であり、9分15秒ほどで上りきった。

その後は宮ヶ瀬湖沿いを走行したが、やまびこ大橋の交差点で左折せずに直進し、久しぶりにトンネルを経由して国道412号へ降りてみることにした。ダムの堰止めから4つほどトンネルをくぐるという記憶があったが、すぐに宮ヶ瀬トンネルという長いトンネルがあり、存在を忘れていたのでちょっと失敗したと思った。トンネルを出る直前までは車が来なかったが、最後に車が来てしまいちょっと危険だった。その後はなんとか車をやりすごしながらトンネルを下りきった。対向車線でトンネル内を登ってくる自転車がいるのには驚かされたが、車も登りで速度が出ないため、逆に安全なのかもしれないと思った。

その後、国道412号の坂を上り、串川橋の交差点で右折して帰宅した。途中で自転車ショップに寄り、ワイヤーの調整などをしてもらった。

今日からレーサージャージとサドルバッグを導入した。確かに走りやすいと感じた。サポートカー並走が荷物フリーなので最強なのだろうが。

Exe. Time: 2:36:27
Ave HR: 144
Max HR: 188
Limits: 177 / 146
In Zone: 00:18:18
Above Zone: 00:09:10
Below Zone: 02:08:59
Kcal: 421
Distance: 59.4
Ave Speed: 22.8
Max Speed: 51.3
Ave Cad.: 84
Max Cad.: 116
RideTime: 02:36:18
Odometer: 6461.7

途中で心拍計がおかしくなったので役に立たない数値となった。
平均速度はやや速くなったが。

本日の走行距離: 59.4km
これまでの累計走行距離: 6461.7km
posted by mako at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。