2008年06月01日

津久井湖、相模湖、大垂水峠@2008/06/01

自宅を出発し、橋本駅のそばを通って国道413号で西へ。最初のほうは走りやすかったものの、途中から道が狭くなってくる。ただ、車はそんなに多くなく、路肩との段差もなかったため、なんとかしのぎながら走行する。久保沢交差点のところでの県道との立体交差でちょっと混乱する。

城山ダムのところではダムの堰の上を通る。ツール・ド・フランスなどではよく見る光景だが、自分がそういう道を走行するのは初めてだったので楽しみにしていた。しかし、この区間だけちょっと車が多い感じであり、しかも道が狭くなっていて車の流れに乗る必要があったため、スプリント状態で35km/hくらいで走行するはめになってしまい、ほとんど景色は楽しめず。まあ、橋の始めの部分からちょっとしか景色は見えない感じでその他の部分は壁になっていたような感じだったが。後で調べて分かったのだが、この手前の都井沢交差点で右折すれば本沢ダムにいくことができるらしい。それなりの峠として使えると思うので今度いってみようと思う。ここまで約12kmくらい。

その後、細かなアップダウンを繰り返しながら進んでいく。国道412号に変わる前の津久井湖ゴルフ倶楽部入り口のところには登坂車線もあるような坂となり、マイペース走行を心がけて9km/hくらいまでペースを落として走行した。走る前に想像していたよりも意外と多くアップダウンがあった。途中で大きな橋を渡ったときに、下に集落があるのでポイ捨て厳禁と書いてあるのに驚く。どのあたりでなんという橋かは分からなかったが、こういう橋もツール・ド・フランスの世界だったので、ちょっと感動した。その後相模湖ピクニックランド入り口の前を通過する。ここを左に曲がれば牧馬峠にいけるらしく、走るにはよさそうな峠なので今度いってみるつもり。

CA3A0003.jpgその後も国道412号沿いに走行し、道も下りになってきて相模湖に到着する。相模湖大橋の真ん中で自転車を止めて写真撮影をし、VAAMゼリーで補給をする。このあたりで22kmくらい。橋を渡った後はやや登りとなり、初めてのコースということもあってゆっくり走ったが、あっけなく相模湖駅前交差点に到着。右折して国道20号に合流する。

その後は大垂水峠へ。上り始めのあたりが25kmを示しており、5kmほどが降雨量が多いときに閉鎖すると書いてあったため、峠まで5kmかと思ってゆっくり登っていく。前回は反対側からとはいえ登ったことがあるので、あまりゆっくりいかなくてもよさそうと思ってややスピードを上げたりもした。上っていく途中でひらけたところも多く、高尾側から登るよりも走っていて気持ちがいいと感じた。走っているうちにそろそろ峠に着きそうな雰囲気になる。ここで、さっき思った峠まで5kmというのは間違っていて、通行止めになる区間が5kmであり、峠はもっと近いことに気づく。実際3.5kmほどで到着する。その後は下りでひたすら降りていき、町田街道に入ってから帰宅した。休憩を除けば2.5時間ほどの走行時間であり、峠も含まれていたのにAve.は20.5km/hだった。

相模湖を経由して峠も含むコースで50km程度の距離でいけるというのはいい環境になったと思う。いろいろな峠までいくことができるようなので、今後もいくつものコースを開拓していこうと思う。

20080601RWdata.PNG今日は、auのRun&Walkを動かしながら走行した。GPSを使って地図と標高データが見れるのがすごい。Blogなどで簡単に公開できればいいのになぁ。ただ、ちょっと誤差が大きいのはいただけない。パケ代もしれなりにかかるようだし。(一部はプライバシー保護のため塗りつぶした。)

本日の走行距離: 49.67km
これまでの累計走行距離: 5220.1km

[7/5追記]
ALPSLAB route (橋本〜津久井湖〜相模湖〜大垂水峠〜橋本)

posted by mako at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。