2007年11月14日

WanderlustでのSMTP AUTH設定 (Outbound Port25 Blocking対応)

自分の使っている回線のプロバイダが来月からOutbound Port25 Blockingを実施するというメールが来てしまい、メールサーバとして他のプロバイダのサーバを使っている自分はブロック対象となることに。現状はPOP before SMTPの設定で使っていたので、これをSMTP AUTHで設定しなおすことにした。

So-netのメールサーバでのサブミッションポート(Port587)を利用するための設定変更のページを見て設定内容を確認。

POP before SMTPの設定を削除する。次に以下を記述。

(setq wl-smtp-posting-server "mail.so-net.ne.jp")
(setq wl-draft-send-mail-function 'wl-draft-send-mail-with-smtp)
(setq wl-smtp-posting-port 587)
(setq wl-smtp-posting-user "ユーザ名@[サブドメイン名].so-net.ne.jp")
(setq wl-smtp-authenticate-type "login")

これで、メールを送信するときに587番を使ってSMTP認証で送信できるようになった。なお、So-netのメールサーバはPLAINとLOGINしかサポートしておらず、CRAM-MD5はダメだった。(メールサーバの応答で確認)

STARTTLSをサポートしているようなので、時間を見つけてこの設定を入れたほうがよいのかもしれないと思ったが、とりあえずはなにもなしとした。

最近のSPAMメールはひどくなっており、この前は自分のメールアドレスがFromとEnvelope-Fromに偽称されたメールのエラーメールがいくつも届くなどあきれる手口に驚かされた。(こんなの勝手に中継するなよ。知識ない人から見ると自分が犯人じゃねぇか…)
posted by mako at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ(PC・インターネット関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。