2006年05月31日

「知識ゼロからのクラシック入門」を読んだ


知識ゼロからのクラシック入門 (高嶋ちさ子 著)を読んだ。

自分のようなクラシックを聞き始めて間もないような人にはクラシック入門として参考になる内容だった。作曲家と代表曲の組み合わせで作品の背景などを紹介しており、「高嶋ちさ子の鑑賞ポイント」や作曲家の解説、「次はこの曲」という関連する曲の紹介などで構成されていた。

クラシックの本というと小難しい感じのものが多いような気がするけど、この本は初心者向けに特化していて非常になじみやすい内容で良い本だと思った。
posted by mako at 15:54| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは☆
おもしろそうな本ですねぇ。
私もモーツアルトが好きです。
また良いものがあったら教えてください(^^)”
URLお邪魔なようなら削除ねがいます。
Posted by さつき at 2006年06月01日 02:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18650495
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。