2010年05月09日

ML115のディスクの安定化

Windows XP化したML115を使っているが、休止モードからの復帰にたまに失敗するのに困っていた。
これまで、ディスクはSATAのものをメインにして、バックアップ用に昔使っていたPATAのディスクを使っていたが、バックアップ用のディスク容量が不足してきたので、1GBのSATAディスクと入れ替えた。その後、PCを使用中に急にOSが固まる事象がかなり増えて不安定になってしまい、困ってしまった。

ディスク自体の障害はない感じなので、いろいろ迷ったあげくディスクのドライバがあやしいと考えた。デバイスドライバで見て使われているのがNVIDIA nForce Serial ATA Controllerだったため、「ML115 SATA controller ドライバ アップデート」でググったところ、あいそびの開発ノート : HP ProLiant ML 115 G5で、IMAPI v2が正しく動作しない問題の解決方法が見つかりました。というページを見つけた。

問題自体が異なっていたが、かなりあやしいと思い、ドライバを「標準デュアルチャンネル PCI IDE コントローラ」に入れ替えたところ、その後はPC使用中にOSが急に止まることもなくなり、休止モードからの復旧も問題なく動作するようになった。これでML115がかなり快適に使えることになる。

なお、同時にメモリを2GBから3GBに増強しようとしたが、どうしてもだめだった(PCIデバイス13無効化でもだめだった。)。買った直後は2.5GBで使えていたが、それはLinuxのCentOS5.2だったしなぁ。
posted by mako at 22:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ(PC・インターネット関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149384795
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。