2009年05月06日

LFJ2009 5/5にいってきた[part 2/3]

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2009の5/5分にいってきた。part 1/3のエントリの続き。

16:15頃に丸ビルに到着。まだリハーサルをまだやっている状況だったがすぐに終わった。しばらく待って16:30となり、MODEAのミニコンサートが始まった。ヴァイオリン、パーカッション、キーボードの女性3人のユニットで、クラシックをベースにしたクロスオーバー的な音楽だった。曲についての予備知識はなく、初めて聞く曲だったので曲名はよく分からなかった。1曲目は、トッカータとフーガ(BWV565)をイントロに使用した曲。2曲目は3枚目のアルバムに収録されているブレディアと聞こえた。(後で調べたら、アルバムRomantic Whiteのbuleria!のことみたい。) 3曲目はG線上のアリア。4曲目はシャコンヌをイントロから序盤にかけて使った曲。ただ、ヴァイオリンが三重音をうまく出せておらず、つらそうだった。5曲目は不明。最後の6曲目はアルバムで一番もりあがる曲と紹介していた。全体的には、ヴァイオリンよりはパーカッションの方がいい味を出していてよかった。パーカッションだけでなく、トライアングル系のものからキラキラした楽器まで演奏していた。彼女のblogをちらっと見たが、「基地」という表現はピッタリだった。アルバム4枚とベストアルバム1枚をリリースしているとのこと。予定通りに17:00に終了し、再び東京国際フォーラムへ戻った。

17:15頃にホールB5に上がる。エレベータで外国人3人と乗り合わせたが、演奏者っぽいと思ったが時間的にも直前だし、格好もそんな雰囲気ではないし、タグを首からぶら下げているわけでもなかったので、スルーした。しかし、彼らは演奏者だったことは後ほど判明した。B5はセミナーなどで普段使われている会議室みたいなスペースということもあり、券を見せて入場する前にトイレをすませた。256席であり、ホールAと比較するとかなりこじんまりとしたスペースだった。時間となり、ホールAのようなケータイの電源を切れとかスポンサーの紹介などはなく、いきなり演奏者が入場してきた。合計で7人の編成だった。演奏前の調律にやたら時間をかけていた。雨のせいで湿度が高かったせいなんだけど、この時点で嫌な予感はしていた。

まず、管弦楽組曲 第2番から。フルートがメインの曲。有名なのは第5楽章のポロネーズ部分である。始まったが、集中力がなくなってすぐに眠くなってしまった、というより寝てしまった。第5楽章の前には意識が戻り、有名なポロネーズ部分は聞いた。その後も意識がやや飛び気味だったものの、最終楽章のバディネリも聞いた。

次に、ブランデンブルク協奏曲 第5番となる。これはチェンバロメインの曲であり、さっきまで立っていたフルートが着席したが、チェンバロの前に座ってしまい、チェンバロ奏者を見るのに邪魔な位置となってしまう。調律に時間がかかる。第1楽章の序盤の有名なフレーズや後半のチェンバロソロの部分は起きていて演奏を堪能できたが、第2楽章以降は寝てしまい、気づいたら演奏がほぼ終わりかけていた。最後は拍手をしてアンコールを求めるも、アンコールはなしだった。本人たちも、イマイチの演奏だったのだろう。演奏者に覇気が感じられなかった。

やはり、現在の自分の興味のメインがヴァイオリンにあるということもあり、フルートやチェンバロメインの曲はイマイチと感じた。確かに著名な曲でいい曲なんだろうけど、自分にとっては特に好きな曲でもなかったし、完全にプログラム選択のミスだったと思う。ハズレに分類したほうがよい感じだった。
[335]
開演 17:30 / 開場 17:10
会場 東京国際フォーラム ホールB5

ジョスリン・ドビニェー(フラウト・トラヴェルソ)
ベルトラン・キュイエ(チェンバロ)
ストラディヴァリア
ダニエル・キュイエ(バロック・ヴァイオリン、指揮)

J.S.バッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067
1. Overture
2. Rondeau
3. Sarabande
4. Bourree #1 & #2
5. Polonaise - Double
6. Menuet
7. Badinerie

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調 BWV1050
1. Allegro
2. Affettuoso
3. Allegro
その後、次の公演まで時間があったので、ビックカメラで時間をつぶし、再度地下2Fへいく。イベントはすでに終了しており、空いたイスに座っていると、公式のアンケートへの協力を求められ、適当に回答した。今後希望する作曲家については、ヴァイオリン関連の観点から、ブラームス、チャイコフスキー、メンデルスゾーンを適当に回答しておいた。お礼にポストカードをもらった。地下2Fは20:00に閉鎖されるというアナウンスがあり、追い出された後は地下1Fの空いているイスに座って時間をつぶした。

長くなったので別のエントリ[part 3/3]へ。
posted by mako at 12:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118717793
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。