2009年02月28日

「レバレッジ・シンキング」を読んだ

レバレッジ・シンキング(本田直之 著)を読んだ。

成功本51冊 もっと「勝ち抜け」案内で紹介されていた本。小さな時間・労力で大きな成果を生み出すことをテーマにした本。非常にためになる内容であり、ぜひ実践していきたいと感じた。以下、引用が多くなるが、参考にしたい考え方を備忘録的にメモしておく:
  • 「労力」「時間」「知識」「人脈」に自己投資し、パーソナルキャピタル(自分資産)を構築し、レバレッジをかけて、不労所得的に成果を上げ、"Doing More With Less"を実現する。
  • 労力・時間1に対し、成果を1(ハードワーカー)ではなく、無限大まで高め、労力・時間を減らし、さらに自己投資に向けることができる。
  • パーソナルキャピタルを増やすと同時に、マインドも高めていく必要がある。
  • ゴールを明確に描き、「しないこと」を見つける。
  • アクティブに行動する。テレビは生で見ず、一度録画して、空き時間に必要な部分だけ見ることによりアクティブに見ることとする。ルーティンワークはパッシブの印象が強いが、習慣化を図ったり、仕事を仕組み化するのはアクティブ・ルーティンである。
労力のレバレッジ
  • 仕組み化:「仮説→実行→検証→仕組み化」。仕組み化により、先々継続してリターンを生む。チェックリストを活用する。
  • 無意識化・習慣化:習慣チェックリスト。数値管理によって日々の達成感を味わう。
  • KSF(Key Success Factor)を見つける:始める前にどうすればよいか、その最短距離を考えて効率的に行動する。仕事をするときには、必ずKSFは何かを意識する。ある程度の仕事の経験を積むと、何がうまくいった要因だったのかがわかる。そのうまくいったケースを振り返り、分析することでKSFを見つけることができる。他にKSFを探す手段として、前例を調べる、うまくやっている先輩などに聞く、ビジネス書から学ぶ、などがある。俯瞰逆算思考が不可欠。
  • その他のレバレッジ:二毛作、自己暗示(限界を自分で作らない)、エクササイズ。
時間のレバレッジ
  • 時間があるから成果が上がらない。意図的に時間を短くして成果を上げるようにする。
  • 先に自由時間をつくることに専念せず、まずは投資をすることが時間を生み出すコツ。
  • 俯瞰逆算思考で、まずゴールを決め、現状からゴールまでを俯瞰し、逆算思考でタスクを決める。
  • 時間のルーチン化。時間割を作る。
  • 自己投資の時間を天引きにする。
  • タスクには制限時間を設ける
  • 時間の固定費を削る。固定費とは、ルーチンワーク、定時ミーティング、睡眠、食事、通勤、コンピュータの入力や検索などの時間。パソコンのノウハウを研究して実践することは大きな効果をもたらす。
知識のレバレッジ
  • 前例に学ぶ:1から100を生む。(0から1ではない)。自分に似たタイプの人のやり方を参考にする。レバレッジ・リーディング(著者が別に出版している本。すでに既読。)。先輩や同僚、他企業など外部のノウハウにレバレッジをかける。
  • レバレッジ・ミーティング:まず自分がビジネス書を読んで一段階レバレッジがかかり、その後その本から得られるノウハウを自社にどう応用したらよいかを考えてチーム・ミーティングを実施することで、二段階目のレバレッジがかかる。「V字回復の経営」という本を使った著者の例。
人脈のレバレッジ
  • 人脈のレバレッジにより、自分一人で出せる成果の何倍もの大きな成果を生み出すことができる。人脈づくりは5年、10年、20年といった長期スパンで考える。
  • コントリビューション:人脈作りの基本。まず貢献できる何かを持っていることが重要。関係性ができたら、不定期でもいいので、継続的なコンタクトおよびバリュー提供を行う。関係性をつくるよりも継続するほうが難しい。
  • パーソナルブランディング:「パーソナルブランディング」という本が参考になる。
  • 他人の力:経験者・実践者をアドバイザにする。

posted by mako at 17:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書(ビジネス本・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114945130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

レバレッジ・シンキング 本田直之
Excerpt: ◆レバレッジ・シンキング 本田直之 ◆自己投資してますか? 裂 「努力するのに成果が上がらない人」と 「余裕を持ちながら大きな成果を上げる人」 その大きな違いは「レバレ..
Weblog: ビジネス本でバージョンアップ 2.0!
Tracked: 2009-08-12 10:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。