2008年11月15日

(鳥屋経由)道志みち、道の駅道志@2008/11/15

久々に100kmクラスの走行をしようと考え、宮ヶ瀬ではないところに行こうと思い立つ。場所は迷ったあげく道志みち沿いに進んで道の駅道志を目的地とすることにした。

10時前に出発。ほんとうは8時前に出発すれば山中湖までいけたのかもしれないが、疲れていてそれは無理だった。前回山中湖にいったときと同じ道を通っていった。

冬になって気温が低くなったということで、厚めのアンダーシャツとタイツとウィンドブレーカーを装備に加えた。タイツは最初は暑く感じて失敗したかと思ったが、すぐに慣れた。また、こいでいるときにひざの裏あたりに圧迫感を感じてやや小さいサイズで失敗したかと思ったが、これも走っているうちに気にならなくなった。

県道510号線で一度足がつりそうになったため、遠距離走行をやめようかと思ったが、ペースを落とした上で走行を続けた。道志みちに入ると両側に山が見える感じの道を走行したが、季節的に紅葉がとてもきれいでいい感じだった。

すでに1度通ったことのある道でもあるので、だらだらとした登り基調を着実に進んでいった。途中で下ったりするところもあったが、一度走っていると復路はたいしたことはないと分かっているので、それなりのペースで登りつつ、長距離を走るということで心拍数がATを越えないように気をつかった。

山梨県に入ってからの登りでの紅葉はかなりきれいだった。途中では100mほど下に川が見えるようなところがあり、景色もすばらしいと思った。

すれ違う自転車はたまにいたが、そんなに多くなかった。マイペースで走行し、2時間20分程度で道の駅道志に到着した。ここで休憩を取ることにしたが、うどんを食うのは重いような気がしたため、ごぼうの入ったパイだけを食った。食堂の座席に座るときに、木の机に足をぶつけて木のトゲが太ももに刺さってしまうというアクシデントがあった。タイツの外から取れる分についてはトゲを抜いた。(なお、自宅に帰ってからしばらくして左の太ももに何か刺さっているのに気づいてみたところ、1cm以上の長さのトゲがまだ残っていた。) 前回は子供が遊んでいて給水できなかったが、今回は人がおらず湧水を給水できた。

その後、当初の計画通りに山伏峠へは向かわずに帰ることにした。基本的に下り基調なので、ウィンドブレーカーを着用してスタートした。出発直前までは心拍計はちゃんと動作していたのに、出発するときになって前回と同様に動かなくなってしまった。止まってから電極部分をぬらしたり、30秒以上離した後で再度装着してみたりしたが、ダメだった。基本的に下り基調ということもあり、あきらめることにした。

下り部分はいいスピードで進んだ。ダラダラとした登りだったため、あまり登った気にはならなかったが、下っているとかなり登ってきたんだなあと思えた。その後は順調に進んだ。ウインドブレーカーは効果絶大だったが、たまに発生する登り区間では暑くなったため、ジッパーを半分ほど下ろして対応した。下のジャージのジッパーも下ろした。

新小倉橋を渡った後の信号停止のときに、下り区間の終了と考えてウインドブレーカーを脱いだ。簡単に折りたたんでジャージのポケットに入れることができたのはよかった。しかし、着ているときに体がそのあったたかさに慣れていたため、脱いでからしばらくはかなり寒かった。その後はなんとか無事に帰りついたが、自宅に着いたころにはかなり疲れていてややハンガーノック気味となっていた。

やはり先週全く乗れなかったのが痛かった。タイツやウインドブレーカーは今日がデビュー戦だったが、値段相応の効果を発揮してくれた。すでに筋肉痛を感じている状況であり、明日以降が非常に心配だ。

Exe. Time: 4:19:05
Ave HR: 155
Max HR: 181
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:46:43
Above Zone: 00:03:29
Below Zone: 02:28:53
Kcal: 1394
Distance: 98.9
Ave Speed: 22.9
Max Speed: 53.9
Ave Cad.: 85
Max Cad.: 125
RideTime: 04:18:53
Odometer: 7307.6

本日の走行距離: 98.9km
これまでの累計走行距離: 7307.6km
posted by mako at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109725621
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。