2008年10月11日

多摩川CR、拝島橋、国道16号バイパス@2008/10/11

午前中は雨が降っており自転車に乗れないかと思っていたが、午後になって晴れてきたため、午後3時すぎに出発する。宮ヶ瀬までいってこれるかと思ったが、走り始めたらすぐに路面の濡れがやや残っていることに気づき、時間も限られることから宮ヶ瀬はやめて近所を適当にうろつくこととする。

唐木田から多摩ニュータウン通りに出て多摩川方面へ走行する。なぜか40km/h程度のスピードを出せる状況だった。(後で調べたらやや下り基調なのがわかった。)。その後、あっさりと多摩川を越える関戸橋まで出てしまい、そのまま渡る。行き先は特に決めてなかったため、左折して多摩川サイクリングロードに入った。

その後、府中四谷橋のところから野猿街道に入ろうかと思ったが、もっとサイクリングロードを走行したいと考えてそのまま走り続けることに。久しぶりでたまに道がわからなくなるところがあった。いったん行き止まりになるところの迂回路は記憶していた通りであり、すんなり抜ける。その後、石畳的なところで小さな橋を渡ってクランクのようになっている道を抜けて公園に入る。この中の抜け方を忘れていて適当に前の自転車についていって走っていたが、いつのまにか行き止まりになってしまった。以前は急な坂の道があったはずなのがなくなっていて階段になっていたため、そこを担いで抜けた。

その後もひたすら自転車道を走行する。森の中を抜けるような道のところに到達し、虫が多い中を抜ける。森を出たところで広い道が見えたため、サイクリングロードを抜けてその道に入って左折する。拝島橋と書いてあるのに気づく。そのまま走っていてやたらトラックが多いなあ、と思っていたら、国道16号という標識が出てきて車の多さに納得する。そのまま走行し、立体交差で自転車走行禁止の標識に追い出されて何度も側道を通る。途中でバイパスと分かれる標識があったため、バイパスに出て北野方面へ向かう。

その後も立体交差との戦いを続ける。途中でサイクリングロードがある川を越えたが、恐らく浅川と思われた。今度このサイクリングロードも走行してみようと思う。その後ようやく北野に到着。野猿峠を越え、その後下ったところで右折して鑓水の方へ。ずっと道なりに走ってみたが、途中で多摩境のスーパーへ向かう標識があったため、それにしたがって左折する。その後、多摩美術大学のそばを通って道なりに走行し、途中で右折して南大沢近辺を通過して帰宅した。

久しぶりに多摩川サイクリングロードの上流部分を走行したが、下流ほどはひどくないのだろうかそんなに自転車が多いとは感じなかった。公園の中の道がなくなっていたのは意外だったが。国道16号を走行するのはかなりのストレスではあるが、自転車通行禁止の標識に従って走行していき、今日みたいに車道が渋滞していて高速で車がくるような状況でなければ走れない道ではないと感じた。

帰りは17時すぎだったが、かなり暗くなってきており、そろそろ夕方に走るのは避けたほうがよい季節になったと感じた。

Exe. Time: 1:42:21
Ave HR: 156
Max HR: 192
Limits: 177 / 146
In Zone: 01:12:35
Above Zone: 00:08:59
Below Zone: 00:20:47
Kcal: 1017
Distance: 41.9
Ave Speed: 24.6
Max Speed: 48.4
Ave Cad.: 94
Max Cad.: 130
RideTime: 01:42:09
Odometer: 7038.0

本日の走行距離: 41.9km
これまでの累計走行距離: 7038.0km

ALPSLAB route (唐木田〜多摩NT通り〜多摩川CR〜拝島橋〜国道16号バイパス〜鑓水〜唐木田)

posted by mako at 19:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107934392
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。