2008年06月15日

尾根幹線道路、多摩川CR、なるしま立川、野猿街道@2008/06/15

ほんとは宮ケ瀬湖へいこうと思っていたが、事前の調査ができないまま午後になってしまったため方角を逆に変えて一度は通っておこうと思っていた尾根幹線道路へ。ずっと走行して多摩川CR方面へ。交差点のところで下ったり登ったりを繰り返すといういやらしい道路であり、多くの部分では広い路側帯が確保されていて走りやすいものの、一部は路側帯が十分な広さでなく、生えている草と後ろから来る車にはさまれながらの走行を余儀なくされた。信号のタイミングも悪く何度も引っかかってあまりいい印象を持たなかった。

17kmほど走行してようやく多摩川原橋を渡って多摩川CRに入る。そのまま10kmほど走行。歩行者、自転車がそれなりに多く危険な状況ではあったが、流れに乗って走行できた。やはり信号のない道というのはいい。府中四谷橋のところでメータは27kmほどを指しており、そのまま帰宅することを考えたが、今後のことを考えて一度なるしまの立川店を見ておこうと思って立川方面へ。

ココイチがあるすぐの交差点で左に曲がって広い道を走行する。国道20号の立体交差を通過し、いつのまにか都道に格下げされていた旧国道20号の矢川3交差点で左折。ここは道が狭いことが分かっていたが、やはりロード自転車で走行するには厳しく、途中で車が来たタイミングで歩道に逃げる。途中「みのわ通り入口」という交差点で右に広い道が見えたものの、どこにつながるかわからないので計画通りにそのまま道なりに進んで日野橋交差点で右折し、駅付近の錦町1交差点で右折。この道は昔たまに通った道で知っているところだった。すぐになるしま立川店を見つけるも、シャッターが下りていて臨時休業だった(実業団富士山ヒルクライム参加のためらしい)。メーターは32kmちょっとを示していた。

そのまま直進して南武線の踏み切りを渡り、すぐの羽衣橋交差点を右折し、ここで地図を見るべくケータイを取り出すも電池切れ。確かにここ数日は充電していなかったものの、自宅出発時には3目盛だったのにRun&Walkを1.5時間動かすと電池切れになるとは… ケータイの電池の残量表示のあてのならなさを嘆く。直進して羽衣町北3のT字路の交差点で右折して道の分かりそうな方角へ戻ることに。南武線の踏み切りを渡ってすぐの羽衣町交差点でなんとなくよさげな道があったので左折してみるとみのわ通りの表示が。そのまま直進して旧国道20号にぶつかる。しばらく車道を走った後に車が来たところで歩道に逃げ、矢川3交差点で右折してからは来た道をそのまま戻り、府中四谷橋を直進して野猿街道に入り、そのまま帰宅した。自宅までの残り距離はだいたい分かっていたし、この道を通るのも2回目だったため、ややのぼり基調ながらも結構スピードを出して負荷をかけてみた。

ここのところは初めて通行する道が多かったが、やはり初めてだとやたら時間がかかっている気にさせられるような感じがしている。2回目以降だとそんなことはないし、こんなに短かったのか、という感じなんだけど。信号にやたらとひっかかるのも時間がかかっている気にさせられる原因なのかもしれない。

なるしま立川店はるーとMapで標準検索したときは野猿街道から今日通った道を表示したのでその経路でいってみたが、家に帰ってから最短経路で検索するともっと別の経路を表示してきた。これだと旧国道20号の日野橋交差点から東の狭い部分を通らなくてすむことになる。ただ、ちょっと遠いことには変わりないので、もっと近くの店にしようかとも思う。いろいろな点で自転車がそろそろ限界を迎えているという感じなので、新しい自転車が買いたいところ。

20080615RWdata.PNGauのRun&Walkは、充電後に立ち上げると前回データを送信するかどうか聞かれため送信した。30kmのデータまで生きており、地図を見ようとした直前で電池切れになったことがわかる。

本日の走行距離: 46.97km
これまでの累計走行距離: 5302.9km

[7/5追記]
ALPSLAB route (尾根幹線道路〜多摩川CR〜なるしま立川〜野猿街道)

posted by mako at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100637271
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。