2009年03月28日

「最後の授業 ぼくの命があるうちに」を読んだ&「The Last Lecture」を見た

最後の授業 ぼくの命があるうちにを読んだ。

成功本51冊 もっと「勝ち抜け」案内で紹介されていた本。余命数ヶ月の大学教授の「最後の授業」で語った内容およびその補足が記されている。

ネットや成功本案内本で事前に調べていたこともあり、本を読む前にYouTubeで公開されている最後の授業自体を見た。英語の勉強も兼ねて、最初は英語で公開されているものを、その後に日本語字幕付を見た。内容としては、余命数ヶ月で癌との闘いという悲壮感あふれる内容ではなく、子どもの頃の夢をどうやって実現してきたか、他人の夢を実現する手助けをどうやってしてきたか、それらのために何が重要か、などを述べていた。字幕なしで見ると理解できない部分もあり、2回目に日本語字幕ありで見たらかなり理解できた。もっとも、アメフトに関するあたりの訳はあやしかったが。

本は、「最後の授業」を終えた後に書かれており、授業の後の後日談なども含まれている。このランディ・パウシュという人は、自身も述べているようにかなり恵まれた環境にあったと思うが、夢を実現するためのポイントというか、成功するために必要となる普遍的な要素をおさえて伝えており、とても参考になった。

自分用メモとしていくつか抜粋しておく:
  • レンガの壁がそこにあるのは、それを真剣に望んでいない人たちを止めるためだ。自分以外の人たちをおしとどめるためにある。
  • 夢を実現できた理由の大部分は、たくさんのすばらしい人たちに教わってきたことのおかげ
  • 時間の管理。お金と同じように時間を管理する。息抜きをする
  • 仲間の意見に耳を傾ける。一人で成し遂げることは限られており、グループで成し遂げることを考える。
  • チームワークの大切さ。
    • 初対面は礼儀正しく。
    • 共通点を見つける。
    • 集まるときは最高の状態で。
    • 全員が発言する。
    • 自意識は最初に封印。
    • 代案として問いかける。
  • 「最初のペンギン」になる。失敗を恐れずに最大のリスクをおかして新しいアイデアや技術に挑戦したが、当初の目標を達成できず失敗してしまったことをたたえる賞を作った。失敗の経験が将来の成功に結びつく。
  • コミュニケーションにおいて、人にものごとどうやって伝えるか。彼の人生の中でいろいろな人がおり、教訓となっている。最近でいう「アサーティブ」に近い感じ。
こういう本を読んだ後には、自分も変わらないといけない、と思うのだが、いつも行動におこせずに終わってしまう。この本では、子どもの頃の夢ということが述べられているが、自分にとってそういったたぐいの夢は何なのかという記憶がない。また、今後の人生においてどういうことを実現したいのか、ということについてもあいかわらず模索中という状況であり、自分の好奇心のままに好き勝手に行動していて知的欲求を満たしている状況とはいえ、自分の今後の人生について検討しようと思った。ちょうどマインドマップの本も読んだことだし。

自分はいままでは家庭を持つとか子どもを持つとかいう価値観とは距離を置いていたが、この本を読むと、そういう価値観を否定したままというのはちょっと違うかもしれないと感じてきた。いまさら気づいても遅いのかもしれず、逃した魚は大きいんだろうが。

YouTubeのリンクを張っておく。いくつか調べた英語のメモを自分用に残しておく。
head fake: 頭のフェイント。あることを教えているうちに、別の本質的なことを教える、といったこと。
stuffed aminal: 動物のぬいぐるみ。



日本語字幕付は9ファイルに分かれている。
このリンクの検索結果からたどる。
posted by mako at 18:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ビジネス本・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

「THANX」(初回限定盤A) by 愛内里菜

ものすごく久しぶりにJPopのCDを発売日に買った。愛内里菜のTHANX (初回限定盤A)
初回盤A DVD特典…2008年7月26日Zepp Osakaで行われた夏恒例のライブ「RINA MATSURI 2008」全20曲、1時間40分のLIVE映像収録
これ「特典」というレベルじゃないくらいレベルが高い。本体のCDがおまけじゃないのか、という感じ。DVD付きなので値引きも問題ないらしく、Amazonなら約2割引。アンコールの「光色のかけら」も入っている。本体のCDはこれから1回聞いた印象ではあいかわらずいい感じだった。これから聞き込んでいくつもり。アルバム特集サイトにblogパーツがあったので、とりあえず取り付けてみた。

愛内里菜はデビュー直後から好きなArtistで、レンタルベースだったこともあるがシングルもほとんどチェックしていたりしたけど、前アルバムリリース後は、そもそもレンタルショップに置いてないということもあってチェックできずにいた。久しぶりにアルバムが出るということで、特典DVDに里菜祭り2008が含まれるという情報をみつけ、さらにCSで放送していたA★RINA SHOWが最終回を迎えてしまったこともあり、今回は発売日に買うべきと直感的に感じた。

最近はJPop自体が下火ということもあり、売り上げなどは目を当てられないほど落ちてしまっていて心配ですが、今後もがんばって欲しいと思う。どういう路線で進んでいくのか難しいんだろうけど。渡辺美里的な感じで路線変更なしでやっていくことになるのかな?

posted by mako at 22:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

「マインドマップ超入門」を読んだ&FreeMindを使ってみた

マインドマップ超入門(トニー・ブザン 著、近田美季子 翻訳)を読んだ。

最近注目されつつあるマインドマップの超入門書。超入門というだけあって、100ページもない薄さの本に概要が記述されているが、重要なことがさらっと書いてあったりする。書いてあることは以下のような感じ:
  • 初めにマインドマップ自体の説明
  • マインドマップがなぜ有用なのか
  • どうやって作成するか
  • どのように有効活用していくか
で、せっかくなので、上記をBOIとして、フリーソフトのFreeMindを使ってこの本をまとめてみた。(FreeMind自体はマインドマップ作成ソフトではなく、「もどき」らしいですが…)ちなみに、作るのに1時間以上かかった。

マインドマップ超入門.pdf

本を読んでいるときは、マインドマップを作るのは面倒だと思っていた(特に4章の記述。きれいに書けとか細かな指示がたくさんあり、敷居の高いものにしている)が、ツールを作って気軽に書いてみると、これまでアウトラインのテキストで書いていた内容を記述するのに使えるのではないかと感じた。目新しさもあるんだろうけど、やっていて楽しいと感じることがあると思う。あまりにもきれいに書かれたものを見ると、かえって引いてしまいそうな気がする。

FreeMindを使うにあたっては、Freemind活用クラブが役に立った。

日頃から使ってみることが重要みたいなので、自分の人生とかを見つめなおすのにマインドマップを使ってみようと思う。
posted by mako at 02:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ビジネス本・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

「会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール」を読んだ

会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール(福沢恵子、勝間和代 著)を読んだ。

ビジネスの世界でのリアル・ルールを女性や若い人向けに説明した本。元は、「ビジネス・ゲーム」という翻訳書らしく、勝間さんもかなり参考になったということで推奨していた本だったが、廃刊した後の復刊が困難な状況から、日本向けにアレンジして自分たちで書いてしまった、という経緯らしい。(最近文庫として復刊している。)

15のリアル・ルールが紹介されている。マスメディアとか一般向けに最近言われている事柄に対し、リアル・ルールを示し、その考え方や事例などを示している。個人的には、一部はあやしいと感じた部分もあったが、概ね同意できる内容であり、これまでの社会人経験からなんとなく感じていたことがうまくまとめられていて、非常に実践的であり、非常に参考になった。
続きを読む
posted by mako at 18:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ビジネス本・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

「IDEA HACKS!」を読んだ

IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 (原尻淳一、小山龍介 著)を読んだ。

成功本51冊 もっと「勝ち抜け」案内で紹介されていた本。IDEA HACKSというタイトルだが、アイデアを出すとか言うことに限定されておらず、仕事の進め方などのハックが占める割合が多い。自分で無意識のうちに実践しているものもかなりあり、改めて文章化されている内容を見て再認識したものもあった。自分が今後取り入れていきたいと思うものをいくつかメモしておく:
  • 03:アイデアは一刻も早く忘れる。短期記憶と長期記憶の仕組みを意識し、メモをすることによって頭の中の短期記憶から消去して作業領域を確保する。メモは、その場の状況や前後の脈略まで記載する。
  • 04:アイデアメモは一刻も早く捨てる。メモを溜め込まずに活用して捨てる。フロー型情報からストック型情報へと整理する。
  • 08:ノートは時間で管理する。分野別などで分けずに1冊だけにする。わかりやすいインデックスをつける(検索性の確保)。多少無駄が発生しても、一定期間でノートを換えていく。
  • 13:一週間の予定は金曜の夜に確保する。リスクを早めに見切るのに有効。(何かあってもフォローできる)
  • 15:15分以上かかる作業はすべてスケジュールへ組み込む。ToDoリストでは消化できない。
  • 31:覚えにくい事柄は物語で記憶する。英単語や漢字や歴史などを例にとっても、物語があると覚えやすい。そういえば、ビジネス書でやたら例を挙げてものごとを説明しているスタイルの本が多いけど、こういう効果を狙っているんだろうなぁ。
  • 53:「いいもの」をたくさん見る。イメージバンク(うまくいったときのイメージをたくさん持っておく。)
  • 62:ハードディスクは宝の山。Webで見つけたサイトを自分のパソコンに保存しておく(後で検索で見つかるのでフォルダ分けは適当で)。アイデアを考えるときにパッと浮かんだキーワードをGoogleのデスクトップ検索を使って検索すると、過去にやったことのある仕事や気になったことがひっかかる。
  • 64:出会いと別れ。ありきたりの考えから別れる。「デタッチメント」という考え方で、自分の出したアイデアに対して、ちょっと引いて客観的な距離をとって接してみる。
  • 72:相手に対して目線を下げる。2時間近い「白雪姫」の映画を23ページの絵本にまとめる例。話の要点をつかむことに長け、相手に合わせて説明していく。
  • 73:自分の勝ちパターンを持っておく。パターン化。自分、相手、会社のパターンに一度目を向けてみて、自分にとって有意なパターンを意識してみる。
他にもいろいろとあった。自分の中で少しずつ取り入れたり改良したりして、パフォーマンス向上につなげたいところ。
posted by mako at 12:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ビジネス本・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。