2009年01月24日

「自分探しが止まらない」を読んだ

自分探しが止まらない (速水健朗 著)を読んだ。

「自分探し」ということについて、事例や歴史や背景を述べ、「自分探しホイホイ」としてのビジネスについて述べ、「自分探し」の時代の背景やはまり込まないためのヒントを示している。

最初の第1章では海外に出る若者の例を挙げており、サッカーの中田からイラクに渡航して世間を騒がし「自己責任」というキーワードが流行るきっかけを作ったひとたちまで述べられている。「あいのり」についても述べられている。これらのルーツとなっている自己啓発本について述べられ、「ニュー・ソート」という運動の思想から派生しており、ポジティブ・シンキング志向につながっていると主張している。他にもインドのサイババ信仰などについて述べられている。いろいろと自分が知らないことも書いてあり、ある意味勉強になったと感じた。ただ、どちらかというと自己啓発・自分探しに否定的なトーンでかかれており、この本を読み進めるのをやめようか迷ったが、背景などを知るという意味では意義があると考えてこの先も読んだ。

第2章では、フリーターの自分探しについて述べられており、高度成長時代からの時代の変遷の過程で労働観が変化してきており、やりがいなどで得体の知れない感じ仕事が多く、もっと直接的にやりがいを感じることができる職業を選択する傾向も存在していること、などが述べられている。猿岩石の例がフリーターに影響を与えたとか、新自由主義(95年レポートで、幹部候補エリート、スペシャリスト、使い捨て激安労働力の3つを組み合わせて使っていくことを述べ、それにより人件費を軽減して世界レベルでの企業の競争に対抗する)の影響で「プレカリアート」(不安定な職につく人たち)が増えているとか、「やりたいこと志向」とそれを突きつける社会構造とか、効率化によって仕事のやりがいが収奪されている(キヨスクのおばちゃんの例)とか、が述べられている。時代背景や考え方の変化や「やりがい」の消滅など、いろいろなことが生じていることを述べており、背景について理解するための参考となった。特に、118ページの記述で、『本来存在している「誰もやりたがらないことを進んでやること」に対する価値への配慮がまったくないのは問題だろう。』というのは良いことを指摘していると思った。

第3章では、自分探しビジネス(沖縄などへ移住し、激安賃金で働かさせる、NGOなどの不透明なビジネス、ホワイトバンド、共同出版ビジネス、自己啓発系居酒屋、ラーメン屋)について述べている。

ホワイトバンドについては、(最近上場した)サニーサイドアップなどのPR会社についての記述もあり、広告を使わずにメディアを利用し話題作りを考える仕事をしていると考えられる。自分はPR会社についての知識はほとんどなかったが、「ずるい」と考えるか「新しいビジネス」と考えるか、という点では議論となるという記述は納得した。新しいやり方の一つなんだろうけど、特に日本人は自己をもたずにメディアに流される傾向が強いので、こいつらが暗躍すると日本自体が間違った方向へいってしまうこともあり、メディアなどを使った操作にはなんらかの制限が必要と感じる。最近のマスコミの劣化とこういったPR会社の躍進はどちらが先なのかはなんとも言えないが、マスコミの体力が落ちてきていることからPR会社は今後さらに幅を利かせてくると感じており、脅威だと思う。

自己啓発系居酒屋については、和民グループについて述べられており、「夢」などというキーワードで若者をより安い時給でひきつけて仕事をさせているという記述がある。『労働社会学者の本田由紀は「<やりがい>の搾取」という言葉を使っている』という記述があり、このやりがいの搾取という言葉はかなり衝撃的だった。

第4章では、自分探しが止まらないということについて述べており、「OL留学」、「ねるとん」と「あいのり」世代の価値観の違い(バブリーな要素vs.自分らしさ)、ハルマゲドン2.0(ウェブ進化論)、内面に潜む潜在能力の開花、などについて述べている。最後に総括として、自己責任の時代で自分探しが止まらないのげ現代の姿であり、安易に「自分探し」に逃げ込まず、各人が努力や研鑽をすべきであるとしている。

本全体を読んでいると、自分探しに批判的な記述が多いが、著者自身も団塊ジュニア世代で「自分探し」を経験してきており、その自己批判という部分もあるとのこと。自己啓発セミナーや海外放浪など安易にポジティブシンキングに逃げ込むことを批判しているが、ポジティブシンキングそのものを批判しているわけではない、という記述もある。

たまたまWebで見つけた本のタイトルを見て、最近の自分の状況からやたらと気になったために読んでみたが、いわゆる自分探しが蔓延する背景などについての知識を得ることができ、有意義だったと思う。いろいろな事例を挙げているうちに雑談が増えてしまっているのは本としてどうかとは思うが、自分も著者と同世代ということもあり、共感を持つ部分も多かった。自分も時間的余裕と金銭感覚が現状と違う状況におかれていれば、もっと自己啓発とか自分探しとかにはまりこんでいたと思う部分もあり、興味深く読むことができた。と同時に、現代社会の難しい面について改めて認識させられた。PR会社とやりがいの搾取という記述は特に気になった部分だった。
posted by mako at 12:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ビジネス本・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

「ビジョナリー・ピープル」を読んだ

ビジョナリー・ピープルを読んだ。

以前読んだ『成功本50冊「勝ち抜け」案内』で紹介されていた本。「成功者」を徹底的にインタビューし、共通する事項を取り出したような内容。まず、そもそも成功とは何かというところからの話で始まる。この本で取材している「ビジョナリーな人」は、20年以上の実績があるような人を対象にしていて、パッと出の有名人などを対象にしていない。成功とは一般的に言われているようなものではないとし、逆に今日の一般的な定義は有害であるとすら述べている。永続的な成功をおさめている人たちが人生や仕事で最も大切にしているのは、意義や達成感、幸福、変わらない人間関係、生きがいである天職に没頭しているとき全身に生命の躍動を感じること、などであり、これらのことを考えると成功の定義自体を再度考える必要がある。本当の生きがいを知る必要がある。ビジョナリーな人の三要素として、意義、思考スタイル、行動スタイルがある。

意義に関しては、自分の大好きなことをする、(世間一般の常識から見て)非合理的な情熱を燃やし尽くす、情熱は一つではなくバランスなど意味がない、誠実な姿勢をつらぬく[生きがいに対する誠実さ、核となる価値観を明確にする]、などといったことが多くの実例を挙げながら述べられている。

思考スタイルに関しては、まず、頭の中で自分の生きがいについて語る小さな声に耳を傾けることが重要であり、これを邪魔してしまうワナがいくつかあるので注意が必要とある。この章にあったスティーブ・ジョブズの言葉で「人に与えられた時間は限られている。だから、誰か他人の人生を生きて、その時間を無駄にしてはならない。」とある。2005年のStanfordでのスピーチの内容として有名らしいので、一度原典を探して聞いてみるつもり。他には、批判されてもぶれないということや、ライス国務長官の警告として、「人生に必要なものは情熱・覚悟・能力であり、どれかが欠けても永続的な成功は得られない」とあった。

また、失敗を糧にする、という章もあり、失敗したことから学習し、次につなげていくことの重要性が述べられている。この本はアメリカで出版されているので、失敗した後に再チャンスを得て成功した事例なども述べられているのだが、日本ではなかなか再チャンスを得ることができないと言われているのは難しいところ。致命的な失敗はしないようにして、細かな失敗から学習していくプロセスを繰り返すようにしていくのが現実的なところという感じかな。

弱点を受け入れる、という章では、アメリカの大企業のCEOが読書障害を抱えながらも自分の長所を生かして成功している事例などが述べられている。成功している人間は完璧であるべき、といった世間一般の常識にとらわれてはいけないと改めて感じた。

最後に行動スタイルに関して、「思いがけない幸運に備える」という章にて、セレンディピティ(serendipity)について述べられていた。Wikipediaの記述も調べてみたのでリンクしておく。ただし、何もしないで思いがけない幸運に恵まれるわけではなく、目標や計画を立て、思いがけない幸運が期待できる立場に自分を置く必要がある。他には、アカウンタビリティについて「人類の歴史から学べる、最高の教訓のひとつがこれだ。つまり、自分の身に起こったことで自分が責められることもあれば、責められないこともある。けれども、そのどちらであっても、そこに関わっていることについては責任がある、ということだ。」という記述があり、とても参考になった。他に、スティーブン・コヴィーの「第8の習慣」からの引用で、「仮に読者が心臓発作に襲われたとしよう。生命の危機を前にしてどんな目標を最優先に設定するか。自分に残された時間の中で、何をするのが最も大切なことなのか。なぜ、自分が傷つかないかぎり、自分の将来を考えるのと同じ真剣さで、意思決定をしようとしないのか」という話は考えさせられた。

論争を盛り上げる、という章では、非難ではなく、問題の解決に向けて創造的刺激としての論争が重要とある。これは納得できるが実世界では組織内の上下関係などもあってなかなか実践が困難なことである。この重要性は頭に入れておいて自分がリーダ的立場になったときに生かしたいと思う。

最後の章はすべてを結集させるというタイトルで、以下のようなことが書いてあった。一人の力で成し遂げられることはない。自分が正しいとわかっていることにあくまでこだわり、(自分の専門外のことなどで)わからないことがあればわからないということが重要。意義が大切。言葉が重要。奇跡を求めるには環境を整える必要があり、自分の情熱や目標と相反するもの(人も含めて)をことごとく、自分の人生から排除して整合性を取る必要がある。

この本を読んで、改めて自分の人生の意義ということについて見つめ直したいと思った。この本で述べられている成功の事例については非常に参考になった。一般常識にとらわれないという点についてはかなり実践できているとは思っていたが、成功の定義に関しては甘かったと言わざるをえない。人生の意義が簡単に見つかるとは思えないが、常に意義を見つける姿勢を保ち、自分ができること、興味があることについて継続していこうと思うとともに、無駄なことや非効率なことを減らしていく必要性を感じた。
posted by mako at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(ビジネス本・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。