2008年07月27日

宮ヶ瀬湖、土山峠@2008/07/27

7/19と全く同じコースで宮ヶ瀬湖を往復してきた。帰りに自転車ショップに寄りたかったため、やや遅めの11時前という時間帯に出発した。

今日もケイデンスを高めで維持することと、心拍数を85%程度(Zone上限の172前後)で推移させることを意識して走行した。県道510号の登り部分では心拍数が高くなって無酸素運動領域となってしまう部分もあったが、ある程度走行すると登りが終わって休みを入れることができるコースのため、そんなに無酸素運動が続くという感じではなかった。ちゃんと計算しないといけないんだけど、インナーローの34x25でケイデンス80〜90程度で15km/h程度で走行しているという感覚はわかってきた。

さすがにもう何度も来ているだけあって、ペース配分などもわかってきたという感じ。宮ヶ瀬湖の景色はあいかわらずすばらしいと感じた。土山峠までいってバス停のところで折り返そうとしたが、自分とは逆に峠まで登ってきてバス停のところで逆側にUターンしようとしていたバイクがバス停のところでバックしてきてあやうくぶつかりそうになってしまった。バイク乗りの人にとって峠がどういう位置づけにあるのかはよくわからないけど、注意が必要と感じた。次回からはもう少し手前のところで折り返すことにした。

帰りは下り基調だったが、ペダルをなるべく回すようにして心拍数が下がり過ぎないように意識した。おかげでAve. HRの値がかなり高くなった。

昨日の転倒で曲がったシフトレバー部分の修理のために、途中で自転車屋に寄った。自転車の前面からシフトレバーにドライバーを入れて、あっさりと戻してもらい、ディレーラーやブレーキ部分についてもメンテナンスしてもらった。ここ数年はトラブルフリーで自分が乗っている自転車をショップに持っていくことは久しぶりであったこともあり、ディグリーザーを使ってメンテナンスしたほうがいいとか、ウェアやサドルバッグなどを使ったほうがよいと教えてもらった。それぞれ選ぶのが大変だが、少しずつ調べてそろえていきたいとは思うところ。

Exe. Time: 2:35:18
Ave HR: 166
Max HR: 194
Limits: 172 / 142
In Zone: 01:26:49
Above Zone: 00:57:43
Below Zone: 00:10:46
Kcal: 1792
Distance: 56.3
Ave Speed: 21.7
Max Speed: 50.2
Ave Cad.: 88
Max Cad.: 119
RideTime: 02:35:04
Odometer: 5754.6

やはりこのコースは適度な登りと信号の少なさ、景色のよさなどを考えると現時点ではトレーニングコースとしては最適だと思う。

本日の走行距離: 56.3km
これまでの累計走行距離: 5754.6km

ALPSLAB route (橋本〜宮ヶ瀬湖〜土山峠)

続きを読む
posted by mako at 15:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

牧馬峠、津久井湖(名手橋)@2008/07/26

以前から気になっていた牧馬峠へいくことに。このシーズンは暑いので、朝8時には出発して午前中には帰宅する予定とした。

国道413号はできるだけ回避するルートをとってアプローチしていく。途中からは以前相模湖にいったときと同じルートをとる。道志橋のところで前回はかなり感動したのだが、今回は2回目ということもあったのかあまり感動はなかった。その後、相模湖ピクニックランド入り口の前で左折する。いきなり道が狭くなり、登りもきつくなる。林の中を通っている道であり、景色はいまいちだが緑に囲まれていて車も少ないという点ではよい感じの道だった。

CA3A0032.jpgその後、交差点を通過し牧馬峠へ。途中から12%の登りという標識が出てきてきつい坂となり、路面もすべり止め仕様の円で凹凸のある状況となってしまう。さすがにケイデンス70を維持することができず、50を切る状況で7km/hちょっとのペースとなる。心拍が上がり過ぎないことを意識し、190手前で抑えた。かなり上がったところで車幅2m以下通行不能というゲートが現れ、それを通過したが、その後は下りになってしまい、ほぼ無意識のうちに峠のてっぺんを通過してしまったことになってしまった。下っている途中で逆側の車幅2m以下のゲートがあったので、そこで写真をとった。

その後はひたすら下った。登っているときは自転車とはすれちがわなかったが、下っているときは10台ほどすれちがった。途中でたまに景色のよいところもあったが、ほとんどは木に阻まれて景色を堪能するという感じではなかった。下りきったところで橋を渡り、ちょっと登ったところで国道413号に合流した。宮ヶ瀬の方にいくこともできたが、将来山中湖へいくときに通る予定の道なので経験しておきたいと考え、国道413号経由で帰宅することに。下り基調で路肩の幅もそれなりにあったが、たまに路肩の幅が狭くなっていたり、トラックの量が多かったりで、やや走りにくいという印象を受けた。その後、国道412号との重複区間の手前から渋滞気味となるも、横をすり抜けながら進み、三ヶ木の交差点で直進して津久井湖の北側を回ることに。その三ヶ木の交差点での信号待ちで止まるときに左足を着こうとしたのに失敗して右側へ倒れてしまい、2回目の立ちゴケをやらかすorz 前回と違って怪我はなかったものの、ハンドルとシフトレバーの接続部分が曲がってしまうorz

その後、狭い路地を進んでいって名手橋を目指すが、途中で曲がりそこなってしまい、国道413号に戻ってしまう。ナビウォークで調べてUターンして戻り、その後名手橋へ。車1台分の幅の橋であり、真ん中のところで止まって写真を撮って景色を眺めているときに車が来たんだけど、橋がガタガタ揺れてちょっとびっくりした。橋を渡った後は10%を越える感じの登り坂があり、その後は津久井湖の北側の林の中の道を進んでいく。地図の上では狭い道だと思っていたが、車1台分の幅しかなく、退避スペースが100m弱ごとにあるというような道だった。車とすれちがうことはなく三井側に出た。

CA3A0033.jpg名手橋の真ん中から南方を撮影
CA3A0034.jpg名手橋の真ん中から北方を撮影
CA3A0035.jpg名手橋の真ん中から西方を撮影

その後は三井大橋を下った後に国道413号に入り、城山ダムの上を通って進んだ。久保沢交差点のところで立体交差を突っ込んで進むつもりだったが、自転車進入禁止だったため、川尻交差点のほうに出てから橋本五差路方面に進んで帰宅した。

今日はきつめの峠を進んでゆるい下りが多いというコースだったため、トレーニングという観点からはあまり良いコース取りではなかった。やはり、ゆるめの登り坂を上るようなコースが良いと感じた。宮ヶ瀬湖ルートが最適なんだろう。立ちゴケをまたやらかしてしまい、帰宅した後に左のもものところに軽いキズがあったのに気づいた。コケたときに自転車にあたったときのものだろう。これまでは左足をはずすようにしていたが、立ちゴケするときに右にコケてしまうというのはかなり危険だと思うので、今度からは右足をはずすようにしようと考えた。ビンディングをはめるときも、左足だとなかなかスムーズにはまらないんだけど、右足だとすんなりはめることができる感じだし。

Exe. Time: 3:01:23
Ave HR: 150
Max HR: 190
Limits: 172 / 142
In Zone: 01:33:11
Above Zone: 00:27:53
Below Zone: 01:00:19
Kcal: 1789
Distance: 58.3
Ave Speed: 19.3
Max Speed: 56.7
Ave Cad.: 77
Max Cad.: 132
RideTime: 03:00:51
Odometer: 5698.3

下りや狭い道が多かったせいもあるが、Below Zoneが多くなった。

本日の走行距離: 58.3km
これまでの累計走行距離: 5698.3km

ALPSLAB route (橋本〜道志橋〜牧馬峠〜津久井湖(名手橋)〜橋本)


続きを読む
posted by mako at 21:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

なるしま立川@2008/07/21

いろいろと自転車関連のものを買いたかったため、安いと思われるなるしま立川へ。前回行ったときは休業日だったため、店舗のWebサイトから休業日をちゃんと調べてから行った。

前回は野猿街道をひたすら進んで府中四谷橋のところから店に行ったが、旧甲州街道のところで死にそうになったため、今回は堀之内で北上して多摩テック脇を通った後に北野街道に入るルートとした。

ここ2日連続でそれなりに走っていたこともあり、今日は軽めの走行とするべく、ケイデンスを高めにすることを意識して進んでいった。堀之内から多摩テックまでのトンネルを含めた登りはそれなりにあったが、34x25でケイデンス70を越えるのを簡単に維持できたのでそんなに大変という感じではなかった。最初はトンネル内も車道を走っていたが、危険な感じもしたので、一番長いと思われる3番目のトンネルでは歩道を走行した。

平山5丁目交差点で右折して北野街道に出てからはあまり広い道ではなかったものの、車の流れに乗る形でそれなりのスピードを維持していった。高幡橋南交差点で左折し、橋を歩道で渡った後の交差点は事前に警戒していたが、ちょうど信号のタイミングがよく、あっさりと直進ルートをとることができた。その後は信号に引っかかりながらもモノレール下の道に左折して合流し、すぐに甲州街道に入ってからは立川市街へと進んでいった。

いくつかの買い物をしてから帰宅の途へ。帰りは高幡橋南の交差点でややはまった意外はほぼスムーズにいった。

ビンディングペダルはまだスムーズにいかず、慣れるにはまだしばらくかかりそう。交差点で停止した後に再スタートを切るときにぎこちないのが悲しい。交差点手前で時間調整をしてなるべく止まらずにすむようにして対策しているが、おかげで平均時速がだいぶ下がったような気がする…

Exe. Time: 1:16:44
Ave HR: 152
Max HR: 184
Limits: 172 / 142
In Zone: 00:49:08
Above Zone: 00:07:55
Below Zone: 00:19:41
Kcal: 770
Distance: 25.8
Ave Speed: 20.3
Max Speed: 51.1
Ave Cad.: 89
Max Cad.: 158
RideTime: 01:16:08
Odometer: 5640.0

本日の走行距離: 25.8km
これまでの累計走行距離: 5640.0km

ALPSLAB route (多摩境〜立川)

続きを読む
posted by mako at 17:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

国道129号、土山峠、宮ヶ瀬湖@2008/07/20

土山峠、宮ヶ瀬湖を通るルートで、折り返しでない周回コースにしようと思い、橋本五差路から国道129号に入り、その後県道63号、県道60号、県道64号とたどって土山峠へ行き、宮ヶ瀬湖を回って帰るルートとした。暑いことが予想されたので、朝早くにスタートした。

国道129号は意外にも片側2車線でそんなに走りにくいという道ではなかった。ただ、立体交差が多く、自転車禁止ではないものの危険回避として下道を通っていたら信号に引っかかりまくってあまり気分のよいものではなかった。下りが続いた後で新昭和橋で相模川を越える。車の流れに乗ろうとしてアウターに入れて漕いでいたが、インナーに戻したところでインナーハイになってしまってチェーンが回らなくなってしまい、止まって修正する。その後側道に入るも工事中ということもあった道がなく、適当に進んだ後で仮の迂回路を見つけて自転車を押して国道129号になんとか合流した。

そのすぐ後の自宅から約14kmのところで複雑な形の交差点で県道でもないような道に入ることになっていたが、止まってナビウォークで確認したにもかかわらず、道のトレースを失敗して再度国道129号に戻ってしまう。すぐに気づいたので一つ目の信号で渡り、裏道を通って元の意図していた道に戻った。県道65号との交差のところで右折する予定だったが、勢いに乗って直進してしまう。ただ、前を走っていた車も同じルートを取ろうとしていると思えたので、そのままついていき、三つ角を右折した後にすぐに左折してつづら的な下りに入った。パチンコ屋のところで曲がる予定だったが、ちょっと遠くに確認できたので問題なかった。

県道63号線に入ってからは、そのまま道なりに進む。やや狭い道だったものの、交通量も少なくそんなに苦労せずに進む。二度の国道412号との交差点を通過した後、千頭橋のところで右折し、県道60号に入る。ここからは交通量が激減し、やや登り基調の道を進む。ロード自転車とすれちがうことも多くなる。尾崎の交差点をすぎてからはたまに登りがあるもののすぐにおさまる感じできついという感じまではいかず、高回転を維持したまま走行する。

前回半原越えの後で下って県道64号に出た地点に到達する。意外ときつくなくあっさりと到着したという感じだったが、事前調査ではここからがきつくなることが分かっていたので警戒を続ける。ようやく本格的な登りが始まってきて、70〜80回転を維持する形でギアを軽くして登る。しかし、コンパクトドライブの34x25をあっさりと使い切ってしまい、70回転を維持するのがきつくなってくる。心拍もかなりあがっていき、190台後半になってしまう。何とか意地になって60回転台を維持し、もう少しで頂上だと思って登っていたが、とうとう心拍が200を越えて202に到達する。その後も190後半で推移しながらなんとか登りきったが、さすがにペースが速かったのかそうとうつかれてしまい、バス停のところで止まってすぐに水を飲んだ。その後すぐに出発したが、努力したかいもあって宮ヶ瀬湖の景色がすばらしく感じられた。

CA3A0031.jpg宮ヶ瀬湖を走行しているときに、そうとう疲れがたまっていると感じたため、ビジターセンターのところで止まって休憩をとることに。ボトルの水をすべて飲みきり、自動販売機で水の入ったペットボトルを調達する。しばらく休んで公園のところから写真をとったりして休憩する。その後はいつもの道を通って帰宅する。ただ、土山峠のダメージが残っている感じをずっとひきずっていた感じだった。県道510号のアップダウンのところではだいぶ休んでいたこともあり、それなりにスピードを出して調子に乗って走行することができた。

心拍計とケイデンスを意識するようになり、自転車に乗ることがさらに楽しくなったと感じる。ただ、それらを見ていると時速どのくらいで走っているかまで頭が回らないことも多くなってしまう。なかなか心拍数をコントロールしながら走行するのは難しいが、理論を勉強して効率よく体力を向上していけるようにしたいと思う。

Exe. Time: 2:53:22
Ave HR: 154
Max HR: 202
Limits: 170 / 140
In Zone: 01:26:07
Above Zone: 00:42:06
Below Zone: 00:45:09
Kcal: 2092
Distance: 61.5
Ave Speed: 21.3
Max Speed: 49.4
Ave Cad.: 80
Max Cad.: 107
RideTime: 02:52:43
Odometer: 5614.2

本日の走行距離: 61.5km
これまでの累計走行距離: 5614.2km

ALPSLAB route (橋本〜国道129号〜土山峠〜宮ヶ瀬湖〜橋本)


続きを読む
posted by mako at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

宮ヶ瀬湖、土山峠@2008/07/19

宮ヶ瀬湖を北側から入り、左回りで回ってそのまま土山峠までいき、そこで折り返して帰ってくるコースをとった。宮ヶ瀬湖のきれいな景色をよいとこ取りし、トンネルをできるだけ避けることを考えるとこのコース取りがよいと考えられた。

昼間走るのはさすがに暑すぎるので、朝から出発。ビンディングペダルにまだ慣れていないため、街中はかなり気を使って慎重に走行した。心拍計はやはり高めの数値が出ているようで、170あたりになっても息が上がるという感じではない。ただ、新小倉橋をすぎて県道510号に入ったあたりの登り下りが続くところでは、軽いギアでケイデンスを高めにすることを意識したこともあり、心拍が180を越えてさすがにきついと感じることは何度もあり、下りになると休んで心拍が下がるというインターバル的な無酸素運動となってしまった。

心拍計をつけてからは初めてのそれなりの距離の走行だったが、あまり高くなりすぎないようにしようという思いでペースを下げるという効果もあったが、逆に下りなどで足を休めたときに心拍が低くなってしまうときにペースを上げてしまうという効果もあり、運動強度は高くなった部分もあったと感じた。

ケイデンスを計れるのはかなり便利であり、90回転/分を意識していたが、なかなか実践するのは難しかった。まあ登りは仕方ないのだろうけど。

宮ヶ瀬湖の景色はあいかわらずすばらしいと思う。ここに走りにくるのが今のところはいちばんいいと思う。他の場所も開拓していきたいとは思うが。朝の早い時間だというのに、ロード自転車乗りをかなり見かけたことを考えると、このあたりではメジャーな場所と言ってもいいとは思う。

土山峠は宮ヶ瀬湖側からいくとほとんど登っておらず、ただ単に景色の良いところを往復するという感じになった。それでもこういうところを走るのは気持ちがいいものだが。

帰りは下り基調であり、心拍が下がり過ぎないように気を使ったが、ちょっとした登りのところでやたらスピードを出して心拍が高くなりすぎてインターバルトレーニング的になってしまった。

心拍計とケイデンス計は、しばらく使い込んでいきたいと思う。うまく生かすためには勉強も必要だけど、実践での経験も重要だと思う。短い登り坂でケイデンスを高めに維持することを意識して心拍が高くなってしまうのは問題なんだろうけど、ある程度負荷がかかるのは気にしなくてもいいのだろうし。全体的に心拍が高いのは気になるが。

Exe. Time: 2:27:33
Ave HR: 158
Max HR: 190
Limits: 170 / 140
In Zone: 01:24:20
Above Zone: 00:40:55
Below Zone: 00:22:18
Kcal: 1849
Distance: 56.1
Ave Speed: 22.8
Max Speed: 50.5
Ave Cad.: 81
Max Cad.: 106
RideTime: 02:27:23
Odometer: 5552.6

ターゲットゾーンの設定を変更したため、In ZoneとAbove Zoneの割合はややましになった。ただ、それでもAbove Zoneの割合が高すぎるような気がする。Ave HRの158もどうなんだろうか…

本日の走行距離: 56.1km
これまでの累計走行距離: 5552.6km

ALPSLAB route (橋本〜宮ヶ瀬湖〜土山峠)

続きを読む
posted by mako at 14:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

城山湖@2008/07/13

ついにある計画を実行したため、その成果を見るべく比較的近所の城山湖へ。まずはビンディングに慣れる必要があったのだが、自宅近くの裏道で前の車が対向車とすれ違いできずに止まった後にバックしてきたところであわてて止まったものの、足をうまくつくことができず、早速立ちコケを体験してしまうorz

右ひざをやや怪我してわずかに血が出ていたものの、痛みはほとんどないため、走行を続行することに。ケイデンスを見ることができるようになったため、軽いギアで回すことを意識して走行。ハートレートも見れるようになっていたが、あっさりと160を越えてしまう状況で負荷が高くないか心配になってしまう。スポーツクラブにいったときにもあっさりと160とか出ていたのが気になっていたが、普段からそういう数値が出るようだ。

川尻交差点を過ぎ、城山町若葉台住宅地を経由した登りコースをとる。5〜7%程度の坂を軽いギアで回すことを意識して乗る。ハートレートはどんどん上がって220-年齢で算出した最大心拍数を突き抜けてしまい、200近くの最大心拍数を記録する。息を切らせながらも最大負荷近いということを認識できていたし、頂上まであまり距離もなくむちゃしても問題ないと考え、そのままのケイデンスを保つことを意識して走行する。頂上についた後はしばらく休憩し、その後別ルートを下って小松交差点に出て、その後南下した後に来た道に合流して帰宅した。

ハートレートモニタは使い方がよくわかってない部分もあるが、かなり参考になると思うので勉強して使いこなしていこうと思う。

機種はPolar CS100なのだけど、積算距離を移行するのに以下のサイトの情報が参考になった。Polar UpLink ToolでPCに積算距離を入力して、UpLinkという仕組みでPCの音声からポラール本体に情報を送り、その後本体をリセットするなんて、普通は思いつかないし、情報もほとんどないので非常に参考になった。

やじばばさいくる: POLARへ積算距離移植

以下、ファイルの情報をメモったもの。今後の記載方法は別途考えよう…
Exe. Time: 1:24:02
Ave HR: 153
Max HR: 199
Limits: 157 / 120
In Zone: 00:49:22
Above Zone: 00:30:56
Below Zone: 00:03:44
Kcal: 1002
Distance: 26.4
Ave Speed: 18.9
Max Speed: 34.2
Ave Cad.: 73
Max Cad.: 102
RideTime: 01:23:45
Odometer: 5496.4

よく分からないが、ターゲットゾーンをちゃんと設定する必要がありそう。

本日の走行距離: 26.4km
これまでの累計走行距離: 5496.4km (本日走行開始時点を5,470kmと設定。差分の3.4kmはみなし走行距離として追加した扱い。)

ALPSLAB route (橋本〜城山湖〜橋本 (国道413回避ルート))

続きを読む
posted by mako at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

和田峠@2008/07/12

最近は週1回は自転車に乗れるようになってきたこともあり、どのくらい体力が戻っているかの判断材料にすべく3年8ヶ月ぶりに和田峠にいくことに。

昼間は暑そうだということで朝から出かけるつもりだったが、意外と早く目が覚めてしまい、7:45頃出発。町田街道をひたすら北上し、その後も最短ルートで川原宿交差点へ。そこで左折し和田峠へ。

じりじりとした登り基調の道を進み、陣馬高原下のバス停に。そこで1分ほど休みすぐに登り始める。オーバーペースにならないようにゆっくり進む。途中で勾配がきつくなってくるも、先週に半原越えにいった成果もあって意外と勾配がきついようには見えなかった。しかし、一番軽くて39x25ということでギアはすぐに売り切れてしまい、スピードは全く上がらずに4〜5km/h程度でやや斜行しながらの走行となってしまい、ちょっとスピードを上げたりダンシングしたりすると、とたんに心拍数が上がって苦しく感じてしまうという状況。心拍数が高い負荷のかかるトレーニングを今後実行していかなければならないと感じた。

CA3A0026.jpg途中で車に抜かれるときに足をつかざるを得ない状況になってしまい、その後も水分補給などで二度ほど足をついてしまう。最後から2つ目のつづら折りをすぎてからはややスピードを上げた(といっても5〜6km/h)が、その時点ですでに30分をすぎているような状況。この区間で開けた景色が見えるところがあり、和田峠で唯一に近い景色の良いところとなる。最後のつづら折りを過ぎた後で頂上が見えたところでスピードアップしてようやく到着。バス停からは35分を越えていたorz

CA3A0027.jpgちょっと休憩した後は体が冷えてしまうのを避けるためにすぐに八王子側に下り始める。さっきの景色がよいところで写真をとる。途中で走り屋仕様の幅の広い車が上がってきて驚かされたりもした。和田峠の下りはかなり用心しないといけないのでブレーキングが大変でストレスがたまってしまう。先週の半原越えの下りもそうだったが、あまり狭い峠は登りがいはあるんだけど下るときが悩ましい。

下りきってからは、負荷をある程度上げようと意識していたこともあり、それなりのペースで進んで帰宅した。峠を含めてAve.で18.4km/hだったのはそれなりによい数値だったと思う。

やはり体力はかなり落ちていると実感した。週に2〜3日乗れればいいんだろうけど、他にやりたいこともたくさんある状況だし、なかなか難しい状況だと感じる。今後は高い負荷をかけた走りを心がけていくなど、自転車に乗るときに濃い内容となるようにしようと思う。

本日の走行距離: 58.85km
これまでの累計走行距離: 5466.6km

ALPSLAB route (町田街道〜和田峠)

続きを読む
posted by mako at 20:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

ラーメン「らーめん専門店小川 町田小山本店」@橋本

町田街道沿いにある店。橋本に用事があったついでに訪問。

夕方4時頃に店に入る。さすがに人は少ない。

ノリノリラーメンというものが名前が面白そうということもあって注文する。出てきたのはこれ。

CA3A0024.jpg


ちょっとこれは… のり多すぎw

CA3A0025.jpgのりをちょっと移動し、再度撮影。その後食べたがややこってり系な普通のとんこつ系ラーメンでまあまあうまかったものの、めちゃめちゃうまいという印象はなく、のりが大量に出て笑わせてもらったというネタ的な感じになってしまった。

Tel: 042-779-0762続きを読む
posted by mako at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

半原越え、土山峠、宮ヶ瀬湖@2008/07/05

先週の走行で宮ヶ瀬湖からの帰りに遭遇した路線バスの行き先から半原という地名が気になり検索したところ、付近に半原越えという峠があることがわかった。結構きつい峠のようで、早速走りにいくことに。

橋本五差路からトヨタのディーラーのところをすぐに左折して県道63号線に。やや下り基調な道をひたすら進む。相模川を渡る高田橋の手前でさらに下る感じに。しかし、川を越えたところから急に登りとなり、アップダウンの多さにあきれてしまう。ただ、国道413号や県道510号よりは交通量が少なく走りやすかった。その後、県道54号をずっと直進し、田代交差点を過ぎて半原出張所の手前で左折する予定にしていた。田代交差点のところで道が狭くなっていて、県道の表示がちょっとあやしい状況だったため、ナビウォークで確認。どちらに行ってもすぐに合流することがわかったので当初予定の狭い道を進んだ。その後、幅が狭く対面走行となっている橋があり、車が待っている状況だったため対向車線に渡って歩道を使って橋を渡る。そのすぐ直後に半原出張所の標識があり、左に激坂が見えた。そこを通行する車が何台かあり、恐らくここだと思いつつ、ナビウォークで確認して曲がる。

激坂は馬渡坂という名前で、平均斜度10%を越える状況でそうとう足を使わされる。ようやく上りきって国道412号に到達するも、そこを渡ってからもさらにきつい登りが続く状況。このあたりの道路は事前調査のときから分かりにくい状況であり、止まってナビウォークを見ながら半原越えの入り口へ向かう。ようやく入り口に到着したが、ここまでの登りがきつかったこともあり、いったん休憩する。「ヤマヒルに注意」などと書かれている看板があってちょっとビビる。

CA3A0019.jpg休憩を終えて上り始める。いい雰囲気の林道であり、車もほとんど通らずいい感じで進む。事前に調べていたとおり3.9kmのうち最初の2km弱はゆるい坂でほとんど登らない状況だったが、その後はきつい坂となり、一時は5km/hを下回るペースになってしまう。直線的な道で10%を越える勾配が続いているようなところもあり、スローペースだったがマイペースを心がけて進む。残り0.7kmのあたりで分岐があり湧き水が出ているようなところもあったが、止まりたくなかったので進み続ける。さらに進んでようやく峠に到着。少し止まって写真を撮る。写真を撮った時間を考えると30分弱で登ったことになる。疲れていたが、下りが長いことは予想していたので、下りで足を休めることを考えて、県道64号線方面へ下る。道路状況は悪く、車の車輪が通る部分以外は石が大量に転がっているような状況。ブレーキをずっとかけながら下った。

CA3A0021.jpg県道64号線に出たが、信号も何もない交差点だった。将来、逆側から登ることを考えて道の周りにあるものを覚える。坂尻のバス停とヤマザキかどこかのパンの表示がある店があった。ここから土山峠へ向かう。半原越えを通った後だけであり、大した坂ではないと感じていいペースで登っていく。そんなに距離は短くなかったものの、半原越えで苦労したことと比較すると簡単だったこともあり、あっさりと到着する。その後はあまり下るという感じではなかったが、宮ヶ瀬湖が見えてくる。非常にきれいな景色であり、途中の橋で止まって写真をとった。宮ヶ瀬湖は個人的にはかなりお気に入りのスポットとなってしまった感じであり、50km程度を走行しようと思うときにはここへくることが多くなりそう。

トンネルから出たところで左折してやまびこ大橋を渡り、その後ぐるっと回って虹の大橋を渡る。鳥居原ふれあいの館に寄って休憩とともに写真を撮ろうとするが、景色のよい場所へいくにはしばらく歩かないといけないいけなかったため、あきらめてすぐにスタートする。その後は前回来た道を逆に進むような形となり、下り基調ということもあっていいペースで国道412号に出て、その後串川橋交差点で左折して県道510号を進む。途中でたまに登りが出てくるところで調子に乗ってスピードを出していたら、意外ときつくなってしまった。新小倉橋を渡って橋本経由で帰宅した。Ave.は17.1km/hだったが、途中では15.0km/hだったから、後半でだいぶ稼いだことになる。走行時間は4時間弱と途中でちょっと休憩したことを考えてもだいぶ長く走行したことになってしまった。せっかく朝9時に出発して暑い時間帯を避けようと思っていたものの、効果は薄かったことになる。

今日通った道はアップダウンがそれなりにあり、かなりきつかった。しかし、半原越えが22kmの地点であり、意外と自宅から近いところにきつい峠があることが分かったのは収穫だった。今日のコースがあれば、和田峠へいく必要はなさそうという感じ。ただ、昔何度か行った場所でもあるので、近いうちに和田峠に行こうと思う。

最近コースを検索していて、ALPSLAB routeというサイトの情報によくお世話になっていた。お試しで自分でコースを作成してみたところ、意外と簡単にできてしまい、コースの高低もわかるということで、非常に気に入ってしまい、最近走ったコースすべてについて作ってしまった。

本日の走行距離: 57.23km
これまでの累計走行距離: 5407.8km

ALPSLAB route (橋本〜半原越え〜土山峠〜宮ヶ瀬湖〜橋本)

続きを読む
posted by mako at 22:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。