2008年05月25日

『成功本50冊「勝ち抜け」案内』を読んだ

成功本50冊「勝ち抜け」案内を読んだ。

自身も起業の経験がある著者が、数多くの「成功本」を読んだ経験を生かして書き下ろした成功本ガイド。非常に参考になる内容だった。

自分も成功本には興味があり、この本に紹介されている本についても何冊かは読んだことがあり、特に「金持ち父さん、貧乏父さん」については、その後の人生を変えるほどの影響を受けたと思うし、それ以外の本についても自分のモチベーションを上げることにつながっていた。しかし、自分が今成功しているかというとそうではないわけで、その原因として「行動しない」というのも分かっている。この本についてもそういったことが指摘されている。

取り上げた50冊についてそれぞれ4ページで概略や著者の見解について述べられており、それだけを読んでも参考になると思う。この本で紹介されている50冊のうち、特に読むべきと思われる本でまだ未読なものについてはフォローしたいと思った。

この本の公式サイトか何かで50冊の紹介とAmazonへのリンクがあればよいと思ったのだけど、それは見つからなかった。しかし、同じことを考える人間は数多くいるらしく、有名なアルファブロガーの方のページに50冊のリストがあり、他のblogでは第3章の成功法則ベスト10についても紹介されていた。とりあえず未読なものだがMUST READと思われる「人を動かす (デール・カーネギー)」、「思考は現実化する (ナポレオン・ヒル) [完全翻訳版]」を読もうと思う。他には、「君に成功を贈る」、「ビジョナリー・ピープル」あたりは押さえようと思う。これだけで最低でも3ヶ月はかかりそうだが。

この本で述べられている重要なこととして、「成功」をどう定義づけるか、ということもある。単に資産を増やすだけではなく人それぞれなのだが、まずは目標を考える必要があり、そのための成功本についても紹介されているというのはよく考えられていると思う。

[2008/5/31 追記]
著者の水野俊哉氏のサイト、ありました。(というか、トラックバックが来てました。)なぜ前回探せなかったのだろう… どうも第2弾が出るようですね。期待しています。第2弾が出るまでに上に挙げた本を読もうと思う。
posted by mako at 00:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書(ビジネス本・その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

スポーツクラブ体験3回目

昨年の年末あたりに2回ほどスポーツクラブにいったが、その後は忙しくてなかなか行けず、気がついたら昨年9月に権利を取ったルネサンスの優待券の期限が6月末までとなっており、2回分を使い切るためにルネサンスに。

引越した関係で過去2回とは別の店となったが、距離は前回とほぼ変わらず。事前に電話で問い合わせたところ、シューズのレンタルはないとのことであり、近所のディスカウントストアで千円のシューズを買って持っていく。店は過去2回と比較するとこじんまりとした感じだった。午後遅くから雨が降る予定ということで午前中は混んでいるかと思ったが、意外と人が少ない感じで会社の心配をしてしまう状況だった。

行きの自転車である程度のウォーミングアップとなったため、自転車系の運動はせず、まずはクロストレーナーを軽いペースで15分。その後スタジオプログラムに挑戦することにしたが、初心者向けのコースが実施されていなかったため、初中級者向けのベーシックエアロ 50分に参加。前回から半年ほどたっていたのと初心者向けではないことから、体力的には問題なかったものの、振り付けなどはついていけないことも多かった。まあ、ちゃんとできるようになるためには誰もが通る道なんだろうし、周りの人にぶつかるなどの迷惑はかけなかったのはよかったと思うことにしよう。その後はウェイトトレーニングを数種類こなした。前回から時間がたっていたこともあるし、古い設備のせいか使い勝手も違うこともあり、やり方がわからなくて教えてもらったりした。終わったあとはマッサージチェアで15分ほどマッサージをし、株主優待の金券を使ってウェアやスポーツ関連の飲料を買って帰宅した。さすがにショップの充実度も過去2回と比較するとイマイチだったものの、半額セール品でそれなりによいものがあったのはよかった。

レギュラーステップというスタジオプログラムをやっているのを見たが、ステップというのは踏み台であり、高さは15cmもないくらいなのだが、縦25cm×横100cmくらいの板を置き、エアロのステップでその板の周りを動いたり、ステップで板の上に乗ったりと、かなりきつそうだが面白そうだった。さすが中級者向けという感じだった。エアロビクスは本格的にはまると面白そうだとは思うが、そこまでのめりこむほど時間が余っているわけでもないしなぁ。ただ、ルネサンスの株主優待だけでなく、近所のスポーツクラブにもたまには行ってもう少し頻度を増やしたいと思った。なお、自分が参加した前のクラスでは講師の方が男性だったが、参加者はおばさんが多い感じだった。講師が女性の方が参加者も少なくてやりやすいのかもしれないと思った。
posted by mako at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

大垂水峠@2008/05/18

自宅を出発し町田街道に入って道なりにずっと進む。町田市の区間は工事中だったりしてところどころ走りにくい部分もあったが、車の数もそんなに多くない感じでなんとか走行できるという道だった。

八王子市に入り、高尾駅付近で国道20号に入る。その後は道なりに進んで大垂水峠へと向かう。途中圏央道のICを工事しているところで古い道に突っ込んで行き止まりとなったせいで600mほどロスしてしまう。車の量はそれなりにあるが、想像していたほど多くなく、勾配もめちゃくちゃきついというわけでもなく、ゆっくりと慎重に走行できる状況。久しぶりに峠を上るということもあってペースを抑えることをかなり意識した。途中でバイク23台の軍団に追い抜かれたりとアレな感じもあった。

CA3A0001.jpg後半になるとややきつくなって10km/hを下回るペースまで落とすものの、自転車に後ろから抜かれたりはしなかった。下ってくる自転車はかなり見たが、上ってくる自転車とは遭遇せず。事前に調べていた距離からそろそろだと思って上っていると、いきなり下りが見えてくるとともに大垂水峠の看板があり、なんの感動もない峠のてっぺんだった。走行距離は21.6kmを指しており、途中のロスがなければ21kmと事前に調べていた数値とほぼ変わらずだった。走行時間は80分弱。信号も含めてだし様子見的なペースだったことを考えるとこんなものなんだろう。とりあえず写真をとり引き返した。

下り5kmはほとんどペダルをこがず。下り始めはスピードを出しすぎないように40km/hを越えるあたりでブレーキをするようにしていたが、すぐにそんなにスピードが出ないようになり、あとは車の邪魔にならないように気を使いながら下った。帰りは高尾駅のところで直進して国道20号を八王子すぎまでいく。八王子市街ではバスとの格闘などでちょっと苦労させられる。

明神町の五差路で90度右折し、子安町五差路で左に入って野猿街道に入り、国道16号に一瞬入って北野駅付近を通過し、野猿街道に入って野猿峠を目指す。北野から野猿峠までは意外と上っており、ママチャリでここを通るのはつらいと思いつつ上った。野猿峠で右折し、中山テニスクラブまで下って左折。その後もじりじりと下って中山入口の交差点に出て、その後帰宅した。

今後大垂水峠や和田峠にいくにあたってどの道がよいのかを考えるのは難しいが、八王子市街の通行を避けるのが賢明だと思われるので、町田街道ルートをメインにしていくのがよいのだろう。しかし和田峠まで片道30km近くと意外と距離があるのが惜しいところだなぁ。大垂水峠は普段の走行ルートとして確立することになるのかもしれないと思う。相模湖まで下って帰りは国道412,413経由で帰ってくれば50kmちょっとのコースになってちょうどいいかもしれないと思った。

本日の走行距離: 42.92km
これまでの累計走行距離: 5170.4km

[7/5追記]
ALPSLAB route (町田街道〜大垂水峠〜野猿峠)

続きを読む
posted by mako at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロード自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。